楽しみと日々 (岩波文庫)

  • 33人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : プルースト
制作 : 岩崎 力 
  • 岩波書店 (2015年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003751305

楽しみと日々 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 噂の!これが!高貴な女性と若く美しい男がすき、巻頭作がすき。

  • 短編と詩からなるプルーストの第1作品集。
    観察眼や緻密さ、過剰とも言える比喩表現など、『失われた時を求めて』で見られる『プルーストの特徴』は、この頃から多かれ少なかれ見られる。若書きと感じられる部分も少なからずあるのだが、これが『失われた時を求めて』の、あの濃密な世界に繋がるのかと思うとそれもまた面白い。
    『若書き』ということは、同時に繊細さや鋭さといった、ある意味技術でカバーしきれない部分は本作の方がよりダイレクトに伝わってくる。特に繊細さというか、ナイーブな部分は本作の方が顕著に表れているのでは?

全2件中 1 - 2件を表示

プルーストの作品

楽しみと日々 (岩波文庫)に関連するまとめ

楽しみと日々 (岩波文庫)はこんな本です

楽しみと日々 (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

楽しみと日々 (岩波文庫)の作品紹介

プルースト(1871‐1922)が20代前半に書いた短篇小説・散文・詩をまとめた第一作品集。鋭敏で繊細な感受性、細部にわたる緻密な観察、情熱や嫉妬といった心理の微妙かつ執拗な探究、スノビスムへのこだわりなど、大作『失われた時を求めて』にも見られる特徴の数々が本書にはすでに現れている。作家プルーストの原点。

ツイートする