人間の学としての倫理学 (岩波文庫)

  • 169人登録
  • 4.07評価
    • (11)
    • (9)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 和辻哲郎
  • 岩波書店 (2007年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003811047

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人間は、間柄としての存在である。

  • 東西の思想史で用いられた概念(表現)の分析に取り組みながら、それらから学ぶべきところとそれらの至らぬところを指摘しつつ、「間柄」としての人間存在のあり方から倫理を導き出そうとしている。とりあげられる思想は、儒学・仏教にはじまり、カント・ヘーゲル・フッサール・ハイデガーなど思想史全体に及ぶ。それらの記述の中には、ヘーゲルやハイデガーを理解するための助けになるような指摘も多く、思想史学習のテキストとしても使えそうである。

  • 和辻哲郎倫理学の序説的な内容の本。
    和辻のいう「倫理学」は、私たちが普通に使っている西欧由来の概念と全然ちがう。「倫」の字は「仲間」を意味し、倫理学において重視されるのは人間共同態のありようであり、単に個人主義的な道徳意識はとりあえず払拭される。
    つまりカントの「わが内なる道徳律!」という感嘆とはまったく関係のない「倫理学」なのである。
    さらに、この本によると「人間」という語が「ヒト」を指すというのは誤用であって、もともとは「世間」を意味するのだという。こうなってくると「人間の学としての倫理学」という書名は、まったく新たな意味をもって再浮上してくる。
    このような考え方はいかにも日本的というか、東洋的だと思う。第一次大戦後の日本社会には、思想においても、こうした日本の独自性の意識が高まっていたのだろう。
    私が大いに触発された木村敏氏も和辻倫理学に影響されていたのだろうか。どこかで言及されていたかもしれないが、よく覚えていない。
    個人ではなく<あいだ>、<共同態>が着目される点、近代西洋の思考の枠組みの虚を突いて面白いが、よくよく考えてみると、和辻のいう<共同態>は、一歩間違えれば国家優先、国粋主義、全体主義へとなだれ込んでしまう危うさもありはしないか。
    そのへんは、この本だけではよくわからない。いよいよ和辻の主著『倫理学』(文庫で全4冊)にとりかからないといけない。

  • 難しくてほとんど理解できなかった。
    また挑戦したい。
    世の中にはとんでもなく頭の良い人がいるんだなあと感嘆することしかできない。

  • 【人間】って中国からやって来た言葉で、そもそも世の中・世間のことを指し、誤って人の意になったそう。この間違い、すごく日本人らしい。人という言葉についても「ひとのものを取る」「人聞きが悪い」「人をばかにするな」のそれぞれの人は、全部意味が違うんだけど日本人にとってはたいした問題じゃなかった。こんな主客が渾然とした感じって、今自分がとても大切にしてる感覚。それに、これからの世の中にとっても大事な感覚なんじゃないかと思ってる。

  • 卒論資料。
    和辻はほんとうに賢い。わたしなんぞが言うまでもなく。
    関係性における倫理学が果たす役割、その媒介(あるいは窓口)としての「言葉」の位置づけを再考する。

  • 展示期間終了後の配架場所は、1階 学士力支援図書コーナー 請求記号:150//W48

  • 人間の学としての倫理学の大切さは、読めば読むほど分かってくる。
    アリストテレス、カント、コーヘン、ヘーゲル、フォイエルバッハ、マルクスと、誰がどういうことを言ったかはよく分からない。
    しかし、問われているのは人間としての存在と、学としての目標だというのは共感できる。
    科学という名のもとに希薄な事象がもてはやされることがある。
    本当に人間に取って重要な事項が何かを問わない学は腐敗するだろうということが滲み出てくるような木がする。

  • 和辻哲郎の主著『倫理学』への導入であるとともに、和辻倫理学の方法論的基礎づけというべき位置づけの本。本書の第2章では、「人間」が「人間」自身を論じる彼の倫理学において解釈学の方法が採られる必然性が論じられているが、個人的には第1章の議論が興味深かった。

    第1章では、「倫理」や「人間」という言葉の成り立ちの検討を通して、人間存在の根本的構造が論じられている。和辻によれば、人間は根本的に共同的なあり方をしている。人間存在の根本秩序こそが、和辻倫理学の中心概念である「間柄」にほかならない。和辻は、人間存在の根本秩序である「間柄」を解明することが「倫理学」の課題だという。

    続いて、アリストテレスからマルクスに至る西洋哲学の倫理思想を紹介しながら、そこに人間の共同的なあり方についての問題がひそんでいることが明らかにされる。

    カントは「人」を、経験的にして同時に可想的という二重性格をもつ存在として規定した。彼の倫理学は、「人格」を単に手段としてではなく目的として扱うことを要求する。和辻は、カントのいう可想的な「人格」が普遍性を有していること、また、それと対比される「人」の経験的側面が個別性を有していると論じる。そして、経験的にして同時に可想的な二重性格を有する「人」を問題とするカントの「人間学」においては、人間存在の全体が問題とされていたのだと主張する。

    その上で、人間存在の全体を射程に入れていたはずのカントの議論が、あくまで観想の立場からの考察にとどまっており、実践の立場から人間存在が論じられていないという問題を指摘するとともに、そうした欠陥を克服することをめざして、ヘーゲル、フォイエルバッハ、マルクスの哲学が生まれてきたプロセスを概観している。

    以上のような議論は、西洋の倫理思想にクリアな見通しを与えるとともに、その根底にひそむ問題を的確に指摘しており、著者の才能の非凡さをうかがうことができる。しかしながら、ヘーゲルの「絶対精神」を「空」に読み替える和辻自身の思想が、その問題をほんとうに克服することができたのかどうかという点については疑問が残る。

  • 人の心の問題とせられ得るに至るには特に仁を持って根本とする思想が顕著。仁は真愛である。そうして真愛は父子の間だけでなく一般的に考察せられる。
    人間という言葉の背負っている歴史的背景。
    人間は単なる人でもなければまた単なる社会でもない。人間においてはこの両者は弁証的。
    人は社会人として生まれているから。
    孤立させられても生を望ましきものたれるものたらしめることとして定義する。
    ポリスの目的はより偉大でありより完全である。
    個人のみの目的を遂げるのも価値あることであるが、民族のためあるいはポリスのために目的を遂げるのも価値あることであるが、民族のためあるいはポリスのために目的を遂げる方が一層美しく、一層貴い。かかる目的こそ人間の学が追及するところである。
    人倫においては個人は永遠の仕方で存在する。個人の経験的な有と行とは絶対的に普遍的である。なぜなら、行為するのは個人的なものではなくして個人における普遍的絶対的精神だからである。
    とともにまた人倫の普遍的な側面は民族であり、民族においては多数個人の集合が関係とされる。
    ヘーゲルが民族と称するものはアリストテレスのポリスに当てて用いられたものである。民族は本性上個別者よりも先である。なぜなら個別者は孤立させられれば何ら独立のものでなく、従ってあらゆる部分と同じく全体とひとつの統一をなさねばならぬからである。

全14件中 1 - 10件を表示

和辻哲郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
マックス ウェー...
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)に関連するまとめ

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)の作品紹介

「倫」はなかま、「理」はことわり、すなわち「倫理」とは、人間共同態の存在根底としての秩序である。主著『倫理学』の方法論的序説とされる本書で和辻は、アリストテレスからマルクスにいたる西洋哲学の人間観と方法を十分に咀嚼した上で、人倫の体系としての倫理学という独自の筋みちを提示。日本倫理学に革新をもたらした。

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)はこんな本です

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)のKindle版

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)の単行本

ツイートする