生きるとは何か (岩波新書 青版 881)

  • 48人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 島崎敏樹
  • 岩波書店 (1974年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004120780

生きるとは何か (岩波新書 青版 881)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・環境の影響をもっとも受けにくいのが「活動性」、ひっそりと陰で控えてえいるか、にぎやかに人前へせり出してくるかといった性格。環境にもっとも左右されるのが「自我感情」、優越感、劣等感、自信のあるなしなど。そのため、「氏か育ちか」というよりは、「氏も育ちも」重要。
    →なかなか自信がないという自我感情を育てるのは難しい。このため2つのアプローチをとりたい。1つは、「活動性」から「自我感情」を変化させる。2つは、「自我感情」に日々目を向ける癖づけをする。

    ・喪失は目覚めである。生きていること、というものは平時では気づきにくい。生命を危うくする危機に立たされることで、にわかに自覚されてくる。喪失をもとに充足した生をしろうとする逆算的な方法は大変有効。人間の本質を見極めるには、命が危険にさらされたときでもある。
    →震災なんて最たる例。命の危険でなくても、身内の危険、失敗体験、冷や汗をかく取り組み、で人は成長できる。リスクをとって冷や汗をかこう。

  • 著者は精神病理学が専門で、ヤスパースの実存分析に深い造詣があります。本書では、われわれがこの世界に生きるありようについて、かなり自由な思索が展開されています。

    エッセイとしておもしろく読みましたが、本書に展開されている思索を支えている著者の理論的立場がよく見えてこない点には、少し不満が残りました。

全2件中 1 - 2件を表示

島崎敏樹の作品

生きるとは何か (岩波新書 青版 881)はこんな本です

生きるとは何か (岩波新書 青版 881)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする