日本語をさかのぼる (岩波新書 青版 911)

  • 63人登録
  • 3.57評価
    • (4)
    • (4)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 大野晋
  • 岩波書店 (1974年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004120926

日本語をさかのぼる (岩波新書 青版 911)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • な大野晋先生の本を読むといつも感じることなのだが、とにかく日本語に対しての情熱や真面目さが伝わってくる。
    現代で使われている日本語の本当の意味、上代屋、中古、またそれ以前にどういう言葉で、どんな意味であったか。そのようなことまで必要になる場合があるのだ。
    これだけ日本語に対して情熱を持ち大切にしてくれた人が書いた本だ。大切にしたい。
    大野晋先生に関しては、屡々日本語源のタミル語説に対して批判されることがあるが、そのようなことは問題ではない。
    日本語を大切に思い情熱を持って学問に取り組み、分かりやすい国語辞典を、つくってくれた、古語辞典をつくってくれた、専門家向けではない著書を残してくれた。私にとってはそこがじゅうようなのである。

  • 「もの」とは何か。「こと」とはどう違うのか。
    「物部」の「もの」を考えるための土台。

  • 興味深いところも、こじつけじゃないの?ってところも。

  • おきな(おとこ)とおみな(おんな)で、
    「き」がおとこで、「み」がおんなを意味したという。
    きとみの次が、「お」と「め」だとのこと。
    おんどり(雄鶏)とめんどり(雌鳥)の例を示している。

    日本の古典を読む際に参考になる情報が満載である。

    最後のP212に、「従来の比較言語学的的報告の少なからぬ部分は、日本語への浅い把握にもとづく誤りに陥っている」という記述がある。

    常に自戒の念を持って接する必要があると思う。

    アイヌ語が、「カムイ」を日本語から取り入れたという説明が193ページにある。

    少し疑問に思うのは、アイヌ語から日本語に入った用語についての情報が少ない点である。アイヌ語が、日本語の語源の一つであるかという仮説に対する論証が少ない点である。

  • 最初の出だしだけ読む。
    何となくありそうな予感。
    理解できるかが問題。
    手元におこうか。

  • (2009.10.13読了)
    大野晋さんは、日本語の研究を通して「日本人とは何か?」を追求し続けた方です。
    この本も、「古代日本とは文献以前の日本である。その日本人は自分たちの世界をどう見ていたのだろう。何を信じ、何を恐れ、何を仕合せと思っていたのだろう。つまり、日本文化の基盤はどんな様子であったのか。そのことをできるだけ明らかにしてみたいと思う。」(1頁)という目的で書かれています。
    漢字が入ってくる以前の大和言葉は、どのようなものであったのか。「万葉集」「平安文学」などを手掛かりに明らかにしようとしています。多くの先人たちの研究成果とご自分の研究成果を述べています。

    ●イクサ(36頁)
    イクサはイクとサとに分けて考えることができる。イクとは、生命力の盛んなことをたたえる接頭語であった。イクサのサは矢の意である。それゆえ、イクサとは、鋭い矢という意味が本来のものであった。それが、鋭い矢を射ることを意味するように転用された。
    ●奈良時代は母音が8つ(103頁)
    橋本進吉博士が、万葉仮名の調査を行い、一類をなすものと思われてきた万葉仮名のあるものは、その内部で二群に分かれるという事実を確認し、これを発音の問題として把握した。それによって、奈良時代には母音の数が平安時代以降のような五個ではなく、八個区別されていたことが明らかになった。
    たとえば、神(かみ)のミと上(かみ)のミは、別系統の万葉仮名が使われているので、奈良時代には、神(かみ)のミと上(かみ)のミは、別の発音だった、ということです。
    ●基本語彙500(126頁)
    平安朝の女流文学16作品(「源氏物語」「枕草子」「竹取物語」「伊勢物語」「土佐日記」「蜻蛉日記」「落窪物語」「和泉式部日記」等)の中で使用度数の多いもの上位500語のうち今日まで残存しているのは450語ほどです。これは、日本語の基礎語と考えることができます。
    ●方角を表す語(160頁)
    ヒガシの古形は、ヒンガシであり、さらに古くはヒムカシで、これは「日-向カ-シ」の複合である。ヒムカシは、「日に向く方向」の意である。
    日本語のニシは「去方(イニシ)」の約であろう。イニは去(イ)ヌという動詞の名詞形で、シは方向を示すので「日没の方向」の意で西を把えた語である。

    ことばの話というのは、意外と面白いことがわかりました。
    (2009年10月15日・記)

  • 今、日本語はヨーロッパ語をしきりに取り入れているが、それは在来語彙の放棄である。既に中国語で新しい概念を輸入した時に同じことをしたように、私たちは、またもや、日本語の語性に合致した造語を作る事を放棄している。(2005.3.31)

全7件中 1 - 7件を表示

大野晋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
安部 公房
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

日本語をさかのぼる (岩波新書 青版 911)に関連するまとめ

日本語をさかのぼる (岩波新書 青版 911)はこんな本です

日本語をさかのぼる (岩波新書 青版 911)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本語をさかのぼる (岩波新書 青版 911)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする