私は赤ちゃん (岩波新書)

  • 240人登録
  • 4.00評価
    • (27)
    • (35)
    • (21)
    • (0)
    • (2)
  • 49レビュー
著者 : 松田道雄
  • 岩波書店 (1960年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004121367

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

私は赤ちゃん (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もちろん情報が古いことは多々ありますが
    育児書としてすばらしい傑作です。
    今まで読んだ中でベスト3には入ります。

    言葉づかいがほのぼのとするし
    いわさきちひろさんの挿絵も見事。

  • 子供が生まれて最初に手に取ったのがこの本で良かった。

    病気に関することだけでなく、育児への心持ちに余裕が出るようなアドバイスもあり、それが赤ちゃん目線で書かれているのでなんとも笑いながらすんなり入ってくる。

    いわさきちひろさんの挿絵がまた物語をあたたかくしている。

  • 母親に勧められて、実家の本棚を30年以上暖めていたこの本を読んだ。子育てに古いも新しいもないなと思った。人の営みは脈々と受け継がれていくんだ。

  • し図。リクエストして他館貸し出し。
    2017/9/14

  • 「えっ こんな時 どうしたらいいの?」
    「あーっ もう どうしよう」

    初めて母になる若いお母さん
    その横にいらっしゃる若いお父さん
    その他
    赤ちゃんを初めて身近にされる人たちに
    ぜひ 手に取っていただきたい
    一冊

    どんな時代でも
    どんな国でも
    赤ちゃんは産まれてきた
    そして
    そこで育っていく
    そこに発生する さまざまな悩み、質問は
    インターナショナルでありますね

    私たち日本には
    松田道雄さんがいらっしゃった

    続編の「私は二歳」もお薦めです

  • 赤ちゃん目線で書かれた育児本。本書から伝わってくることは、ケアは必要最低限で十分だということ。赤ちゃんも嫌だったら泣くし、嫌じゃなければほっといて良いのかもしれない。1960年初版と少し情報が古い気もしますが、始めての我が子に対面する前に読んでおきました。

    BCG→結核の予防注射

  • 子供は環境で育つ。
    親はその1つにすぎない。

    0歳育児で苦しかった時に、この言葉に少し救われた。

  • 赤ちゃん目線で書かれた育児のほん
    挿し絵が入ってるし、トピックスが細かくわけてあるのもあって、赤ちゃんが居ても居なくても結構読み易いし面白いと思う。
    ちょっと時代背景が昔かなと思うけど、昔も今もお母さんたちは同じように悩み、手探りしながら子育てをしているのだなとしみじみした。

    子育てはこうあるべきとか、これが正しいとか言う事はない と、お母さんに優しく教えてくれる本。

  • 岩波書店のフェアで存在を知ったもの。尾木ママも絶賛してた。

    タイトル通り、赤ちゃんの目線で書かれたエッセイ&実用書&啓蒙書。誕生直後から「私は…」という口調で、『吾輩は猫である』を思い出した。実際赤ん坊がどれだけのことを感じ、考えているのかわからないけど、赤ん坊の視点で大人社会を眺めるというのは面白い。

    昔に比べて医学は進歩していると思うけど、いつだって親にとっては子育ては初めてのことだからわからないことだらけで、こうした書物は親にとっては有難がられたんじゃないかと思う。出版から50年以上たっているけど、知らないことがいっぱいで新鮮だった。きっと今でも通用することが多いんじゃないだろうか。当時の団地の様子なども興味深かった。やはり名著だと思う。

    身近な人に子供ができたらプレゼントしてもいいかなと思った。

  • 1960年初版の、子供目線の育児本。こと子育てに関しては「昔はよかった」なんてウソだと思う。病院の先生がタバコ燻らせながら診察したり、とりあえず注射を打たれたり、赤ちゃんに睡眠薬を飲ませたり、いま見ると驚くことが多い。

全49件中 1 - 10件を表示

私は赤ちゃん (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私は赤ちゃん (岩波新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

私は赤ちゃん (岩波新書)の作品紹介

はじめての赤ちゃん。待ちに待った誕生。しかし、新米の母親父親にとって子育ては不安の連続でもある。授乳のしかた、衣服の調節、夜泣き、離乳、加えて下痢や発熱、ひきつけなど赤ちゃんの病気も多い。ゆったりした楽しい気持ですこやかな赤ちゃんを育てるために、家庭は、社会はどうあってほしいかを、赤ちゃんの目を通して考える。

ツイートする