日本の地形――特質と由来 (岩波新書)

  • 53人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 貝塚爽平
  • 岩波書店 (1977年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004160380

日本の地形――特質と由来 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地形の成り立ち。
    山脈から海底や地層などまで広く扱う。

    しかし、専門用語や地名が多くでてくるため
    言葉を知っておかないと理解が難しい。


    最低限の地名や地形の知識を持っていると面白いとおもわれる。

  • 日本の地形の成り立ち。特に、カルデラと海岸の形成は興味深く読んだ。プレートテクトニクス理論など、1977年出版ということがあり、現在とは学説が違う箇所があるようだけれど、自分が住んでいる列島の成り立ちを考えるのはおもしろい。

  • 2010年10月25日購入。未読。

  • 目次
    まえがき
    Ⅰ 世界の変動帯と日本列島
    Ⅱ 島弧の集合としての日本列島
    Ⅲ 変動地形とその地域性
    Ⅳ 火山活動と火山地形
    Ⅴ 氷期と間氷期の日本
    Ⅵ 山と谷と平野の形成
    Ⅶ 海岸の変遷
    Ⅷ 平野の個性とその由来
    むすび

全6件中 1 - 6件を表示

貝塚爽平の作品

日本の地形――特質と由来 (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする