日本の耳 (岩波新書)

  • 28人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小倉朗
  • 岩波書店 (1977年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004200079

日本の耳 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784004200079

  • [ 内容 ]
    芭蕉の句「古池や蛙飛びこむ水のをと」の主役は音である。
    閑寂の緊張をとらえ、動の中に静をとらえて充足する耳。
    民族はその耳にふさわしい音を選びとり、固有の音の世界を形づくる。
    話しことば、手足の動き、楽器など、あらゆる生活領域に向けられた鋭い観察を通じて、日本独特の音の世界を抽出し、独自の日本文化論,音楽論を展開する。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 653夜

全3件中 1 - 3件を表示

小倉朗の作品

日本の耳 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする