満鉄 (岩波新書)

  • 32人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 原田勝正
  • 岩波書店 (1981年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004201786

満鉄 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • 11/12/29、神保町、金子書店で購入(古本)。

  • 日露戦争後、ロシアから鉄道利権を引き継いで設立された満鉄は中国東北部に一大王国を築き上げた。巨大企業の創立から解体までのドラマを描く。

    新書という性格上、どうしても、内容が薄くなってしまうが、なかなか面白い。
    日露戦争講和時、ルーズベルトが満州の鉄道経営の資金の調達を約束したという話は初めて知った。(だから小村外相はハリマン協定を破棄できた。)

    また、政党政治に翻弄され満鉄の役員人事がコロコロ変わった話は現代の政治主導を考える上でも興味深い。

全3件中 1 - 3件を表示

原田勝正の作品

ツイートする