サーカス放浪記 (岩波新書)

  • 15人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宇根元由紀
  • 岩波書店 (1988年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300526

サーカス放浪記 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和53年冬、初めてサーカスの舞台に立った著者によるサーカスの思い出。女性ピエロ(クラウン)としての日々、サーカスに集う人々の姿。
    昭和50年代世の中ではまだサーカスのイメージは怪しい見世物小屋的なものもあったでしょう。そこに大学出の女性が飛び込む。実際に著者が入ったサーカスはその時既に株式会社化しており、前代的なものとは全く違っています。しかしサーカスにはサーカス独特の世界がやはりあり、その中で悲喜こもごも生きていく人たちの姿が活き活きと描かれています。
    ただ思い出として印象強いものが書かれているためか、サーカス全体の様子はイマイチ把握しにくくはあります。それどころか著者自身のクラウンとしての姿も余り書かれておらず、著者がサーカス内でどういう位置にいたのかもわかりにくくもあります。それでも著者が感じたサーカスで放たれる強烈な光。それが読者にも投げ掛けられ、その光で照らし出され現れる様々な色と影にサーカスの魅力を感じるのです。

全1件中 1 - 1件を表示

宇根元由紀の作品

サーカス放浪記 (岩波新書)はこんな本です

サーカス放浪記 (岩波新書)の作品紹介

きらめくイルミネーション、天幕いっぱいに轟く大音響、あざやかな芸の数々…。サーカスほど興奮をさそう華麗な世界はない。若き女性道化師として活躍する著者が、家族の反対を振り切って飛びこんだサーカスでの体験を振り返り、華やかな舞台、楽屋裏、サーカス村における団員たちの人間味あふれる生活ぶりをみずみずしい感性で描く。

サーカス放浪記 (岩波新書)の文庫

ツイートする