上海1930年 (岩波新書)

  • 30人登録
  • 3.08評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 尾崎秀樹
  • 岩波書店 (1989年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300991

上海1930年 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  中国の内情によく通じた外国人の動きがよくわかって興味深い。特にアグネス・スメドレーについては、彼女の人生観がよくあらわれていて、印象に残った。
     尾崎秀実中心に描かれるのかと思ったら、各章でさまざまな人物を取り上げていて、それもまた効果的だった。
     発刊された時代の日中関係の状態が垣間見え、時を経た本の読み方をあらためて考えさせられた。

  • タイトルに尾崎秀実と入れるべき。

  • 状態:とても良い
    定価:546円
    上海に住んでいる方に、30元でお譲りします!

  • 当時の日本人をとりまく上海の事情がよくわかって興味深かった。
    まわりはスパイばかり、、。
    当時の熱情を現代に生きる人間は持っているのだろうかと考えた。

  • 2003年6月3日

全5件中 1 - 5件を表示

尾崎秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

上海1930年 (岩波新書)はこんな本です

上海1930年 (岩波新書)の作品紹介

1928年11月、ひとりの新聞記者が上海に赴任した。後にゾルゲ事件によってスパイとして処刑される尾崎秀実は、混迷の只中にある中国の現実に直面し、魯迅、スメドレー、ゾルゲ等の知識人たちと交流しながら、中国の民族的解放やアジアの自立の途を探る。兄・秀実の生と死を追跡してきた著者が、"魔都"上海を舞台に描く青春群像。

ツイートする