心の病と社会復帰 (岩波新書)

  • 31人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (0)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 蜂矢英彦
  • 岩波書店 (1993年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004302766

心の病と社会復帰 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケースを複数例示されており、イメージし易く読みやすかった。

全1件中 1 - 1件を表示

蜂矢英彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

心の病と社会復帰 (岩波新書)はこんな本です

心の病と社会復帰 (岩波新書)の作品紹介

現在日本の精神病入院患者は約三五万人。そのうち、社会的支援さえあれば退院できる人は一〇万人もいる。病状は回復したものの、まだ十分に社会に適応できない人々が街で暮らすには、どのような施設、体制が必要なのか。地域精神医療に長年たずさわってきた精神科医が、心病める人に立ちはだかる困難と、それを切り拓いていく試みを語る。

ツイートする