政治献金―実態と論理 (岩波新書)

  • 33人登録
  • 3.09評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 古賀純一郎
  • 岩波書店 (2004年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004308898

政治献金―実態と論理 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【つぶやきブックレビュー】31日は東京都知事選挙投票日。オープンでクリーンな都政を期すため、、

    http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA67054065

  • 意外と政治と金は奥が深い。
    というより企業献金って難しいね。

  • 【資料ID】21873
    【分類】315.1/Ko24

  • ドイツ、フランス、イギリスの政治資金を規制する為の諸制度から日本も学ぶべきところが多いと感じたが、
    この問題は政治家よりも有権者の方の意識にこそ変革の必要性があるように思う。
    今まで様々な便宜を受けた見返りに投票してきた人が、逆に個人献金などでお金を払って投票するように、180度違う意識になるためには相当高い壁がありそうだ…

  • [ 内容 ]
    「政治とカネ」をめぐる事件が止まぬ中、二〇〇四年からは日本経団連による政治献金への関与も再開された。
    “政治をカネで買う”との批判を浴びる企業献金はなぜ続き、政治家のパーティー券収入や政党機関紙の広告収入はどんな役割を果たしているのか。
    豊富な取材にもとづいて実態を報告し、先進諸国の実情を紹介しながら改革を提言する。

    [ 目次 ]
    第1章 いま、政治献金は
    第2章 企業献金、半世紀の軌跡
    第3章 企業献金の意味
    第4章 献金の論理、拒否の論理
    第5章 受け取る側の論理
    第6章 姿を変えた献金
    第7章 海外にみる政治献金
    第8章 改革への道

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 政・官・財のトライアングル。

    鳩山首相もブリジストン資本ですね。

  • フランスでは企業献金は禁止されている。そのせいか、今まで自民党に献金していた日産自動車はルノーになってから、きっぱりやめた。
    政治献金は必要悪なのではないだろうか。

  • 政治は金がかかると聞いてはいたけど、尋常じゃない。金銭感覚ぶっとんでる。小さい会社を経営しているようなもんで、選挙の度に倒産の危機が襲う。世界に金のかからない政治って存在しないの?

全8件中 1 - 8件を表示

古賀純一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

政治献金―実態と論理 (岩波新書)に関連するまとめ

政治献金―実態と論理 (岩波新書)はこんな本です

政治献金―実態と論理 (岩波新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

政治献金―実態と論理 (岩波新書)の作品紹介

「政治とカネ」をめぐる事件が止まぬ中、二〇〇四年からは日本経団連による政治献金への関与も再開された。"政治をカネで買う"との批判を浴びる企業献金はなぜ続き、政治家のパーティー券収入や政党機関紙の広告収入はどんな役割を果たしているのか。豊富な取材にもとづいて実態を報告し、先進諸国の実情を紹介しながら改革を提言する。

ツイートする