アメリカ 過去と現在の間 (岩波新書)

  • 85人登録
  • 3.66評価
    • (11)
    • (8)
    • (20)
    • (1)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 古矢旬
  • 岩波書店 (2004年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309123

アメリカ 過去と現在の間 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカが現在抱える問題点を歴史から紐解く。

  • これはかなり読書体力が必要でした。というか、そもそもの知識素地が整っていないせい、と考えればまあそうなんですが。それにしても、「貧困大国」がもっとずっとすんなり読み通せたことを思うと、やっぱり専門性はこっちの方が高い気がします。NYテロに至るアメリカの軌跡を、5つの視点から浮かび上がらせて、無理なく説明づけられている…と書いてしまえば簡単で、そういう趣旨は理解出来るけど、かみ砕きながら読み進めるのに、かなり奮闘しました。でも結局、それなりに理解できたように感じているのは、もともとアメリカに対して抱いていたイメージの部分だったりするんですよね。新たに得られた知識は、頑張りの割に少なかったかも…再挑戦が必要かもですね。

  • 【資料ID】20297
    【分類】312.53/F95

  • ユニラテラリズムとは、単独で行うこと。
    バイラテラリズムが2国。マルディラテラリズムが国際。
    アメリカ自体が、多民族国家なのだから、ユニということを強調しすぎても違和感がある。
    アメリカ内部の多様性をどう解剖するかが鍵かもしれない。

  • [ 内容 ]
    現在のアメリカは、どんな過去の累積の上に成り立っているのか。
    「ユニラテラリズム」「帝国」「戦争」「保守主義」「原理主義」という、現代アメリカが直面している五つの問題群を入口にしながら、その政治と外交のありようを歴史的な文脈の中で考察し、混迷を深める「アメリカ的なるもの」の行方を探ってゆく。

    [ 目次 ]
    1 ユニラテラリズム―アメリカ対外活動の論理(孤立主義と国際主義 理想主義と現実主義 ブッシュ的ユニラテラリズムの条件)
    2 帝国―普遍国家の逆説(「帝国」の原型―フレンチ・インディアン戦争以後 「帝国」と「国民国家」の間―膨張の一九世紀 「海洋帝国」の出現―冷戦と二つの戦争 「帝国」の行方―9・11事件以後)
    3 戦争―軍事組織とデモクラシー(憲法と戦争 民兵から常備軍へ 「帝国」の軍隊 新しい戦争)
    4 保守主義―「ネオコン」の歴史的文脈(リベラル社会における保守 競争社会と保守主義 アメリカ保守主義の誕生 アメリカ保守主義の将来)
    5 原理主義―アメリカ的思考のパターン(アメリカ理解の鍵としての原理主義 キリスト教原理主義の起源 政治化する原理主義 アメリカ的思考様式とは何か)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 本人の授業のレポートのために読んだ。

    保守主義のあたりは面白かったにゃー
    てか自分もう少し意識して言葉使おうか。

  • 保守すべきものというか、そういったものを打ち破って進んでく印象を改めて持つ。
    新書としては十分な内容だと思う。

  • アメリカの勉強をするために読み始めた一冊め。
    結構難しかったです。

  • アメリカ社会の思想、行動のルーツがわかります。

  • お…おもしろい!!
    藤原帰一の「デモクラシーの帝国」で、かゆいところに手が届かないというか、知りたいことがかかれていない!!という気がしていたのだが、この本はそれに答えてくれている。
    アメリカの建国思想からひもといて、zどうして今のアメリカがそんなにも一国主義をとり、独善的なのかを解説してくれている。
    あと、この人、たぶん文章がめちゃめちゃうまい。格調高い良い日本語で、頭にしみいる。(藤原さんの文章は正直、レトリックがわかりにくかったというか考えの飛躍が多くてついていけなかった)

    まさに良書。久しぶりに新書を読みやめられないという体験をした。

全12件中 1 - 10件を表示

古矢旬の作品

アメリカ 過去と現在の間 (岩波新書)に関連するまとめ

アメリカ 過去と現在の間 (岩波新書)はこんな本です

アメリカ 過去と現在の間 (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカ 過去と現在の間 (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アメリカ 過去と現在の間 (岩波新書)の作品紹介

現在のアメリカは、どんな過去の累積の上に成り立っているのか。「ユニラテラリズム」「帝国」「戦争」「保守主義」「原理主義」という、現代アメリカが直面している五つの問題群を入口にしながら、その政治と外交のありようを歴史的な文脈の中で考察し、混迷を深める「アメリカ的なるもの」の行方を探ってゆく。

ツイートする