ポストコロニアリズム (岩波新書)

  • 234人登録
  • 3.32評価
    • (9)
    • (23)
    • (64)
    • (6)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 本橋哲也
  • 岩波書店 (2005年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309284

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三島 由紀夫
ミシェル・フーコ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ポストコロニアリズム (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ポストコロニアリズムとは何か。

     そもそもコロニアリズムとは何かということでコロンブスの話から始まり、ポストコロニアリズムとしてファノン(アルジェリア)、サイード(パレスチナ)、スピヴァク(インド)が、最後にアイヌや沖縄を軸に日本について語られる。
     コロニアリズムとは征服者によっ規定されることがその最初の重要な要素なのだと思った。ただ独立するだけではその呪縛からは逃れられない。ポストコロニアリズムとはその他者から規定された自己を意識し、その他者とただ対立するだけでなく新たな関係を築いていくことなのではないかと感じた。
     確かに世界は精神的にも物質的にも植民地主義を脱していないと思う。
     
     新書とは思えぬ読み応え。巻末のブックガイドもありがたい。

  • 戦争、暴力のいろいろな形が窺われ、契機となる書だ。

  • 歴史的経緯で搾取されていた人種の人々の行動が、搾取した側と生活水準が同等になるくらいまである程度許されるという考え方であり、考え方としてはアファーマティブ・アクションに近い。だが、どの程度までがポストコロニアリズムの考えで許容されどこまでが許容されないかがいまいちわからない。考え方として必要なのはわかるが、いまいち現実味にかけるというイメージ。実際、逆に差別されているとして行動をしている在特会とかいるわけだし。

  • 異文化はあなたのすぐそばにある、しかし気づかないだけ…それに気づかせてくれるポストコロニアル研究の手引き書!

  • 【資料ID】26658
    【分類】209.5/Mo83

  • 人に勧めたので、本橋哲也『ポストコロニアリズム』岩波新書、再読。冒頭で植民地主義の歴史を扱い、西洋近代のプロジェクトを検討。後半はファノン、サイード、スピヴァクを取り上げ、三人の現実との格闘からその思想を概観する(現場での人間的出会いと理論的普遍化の結合)。良くできた入門書です。

    『ポストコロニアリズム』でスピヴァクの興味深いエピソードありましたので紹介。

    あるとき大学の教室で、ひとりの学生が「先生の言われるように、自分の出自を自覚したり、自分がどんな特権的な位置から話をしたり知識を得たりしているかについていつも意識的であろうとすると、僕みたいに白人で男で中産階級のアメリカ人学生は何も言う資格がないんじゃないでしょうか」と。

    「そうやってあなたに何も言えなくさせている、それはあなたの階級とか出身とかお金とか、そういうものでしょ。こうやっていっしょに勉強しているのは、そのような特権的なあり方をあなたが自分で知って、それをひとつづつ自分から引き剥がしていくプロセスなんだ、と考えてみたら」とスピヴァク

    サイードやスピヴァクとの出会いが、おそらく吉野作造研究にも影響を与えているし、そういう自覚と連帯、試行錯誤の挑戦者が自分の先輩にいたということは驚きでもあり、誇りでもあり、そこから自身を照射する対鏡にもなっているのではないかと思います。

  • p.138「…自分の読解の仕方が、どのような立場からなされているのかをたえず問い直すことが求められるのだ。」

    p.167 「サバルタンとは単に耳を傾けるべき対象でも、ましてや語らせる客体でもなく、サバルタンでない人間が新しい主体を築くための対話のパートナーなのである。」

  • 約5年ぶりの再読。
    結構、面白かった。
    植民地主義とポストコロニアリズムをサラッと知るにはいい感じかも。
    現在の日本の無反省というか、見るべきコト・聞くべきコトへの無頓着な様への指摘は分かりやすいかも。
    スピヴァクとか面白そう。今度読んでみよう。

  • ポストコロニアリズムの概説書。

    ファノン、サイード、スピヴァクなど、ポストコロニアリズムを考える上で重要な人物の主要な著作の内容を紹介している。引用も多く、さらっと読めるので、ポストコロニアリズムの入門書として良い本だと思う。

  •  植民地(=コロニアル)を巡る問題は未だ解決していない。
     本書は、コロンブスの入植、食人の概念の流布から始まり、ファノン、サイ―ド、スピヴァクを経て、日本の植民問題に迫る。

全28件中 1 - 10件を表示

ポストコロニアリズム (岩波新書)に関連するまとめ

ポストコロニアリズム (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポストコロニアリズム (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポストコロニアリズム (岩波新書)の作品紹介

植民地主義のすさまじい暴力にさらされてきた人々の視点から西欧近代の歴史をとらえかえし、現在に及ぶその影響について批判的に考察する思想、ポストコロニアリズム。ファノン、サイード、スピヴァクの議論を丹念に紹介しながら、"日本"という場で「植民地主義以後」の課題に向き合うことの意味を考える、最良の入門書。

ツイートする