西洋哲学史―古代から中世へ (岩波新書)

  • 471人登録
  • 3.45評価
    • (15)
    • (33)
    • (50)
    • (8)
    • (3)
  • 37レビュー
著者 : 熊野純彦
  • 岩波書店 (2006年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310075

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
三島 由紀夫
マックス ウェー...
J・モーティマー...
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

西洋哲学史―古代から中世へ (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いっさいのものは神々に充ちている。

    世界には音階があり、対立するものの調和が支配している。

    私が従うのは神に対してであって諸君にではない。

    すべての人間は生まれつき、知ることを欲する。

    君自身のうちに還れ、心理は人間の内部に宿る。

    存在することと存在するものとは異なる。

    神はその卓越性のゆえに、いみじくも無と呼ばれる。

    存在は神にも一義的に語られ、神にはすべてが現前する。

  • 高校倫理をちゃんと聞いてなかった人間なので、近代の哲学は関心さえ合えばのめり込めるのだが、この本で扱われているような時代の形而上学的な議論には頭が耐えられない。でも、デカルト以降の哲学者もきちんとこの時代の哲学を学んでものを言っているわけなので、彼らの言っていることを理解するには考え方を理解しなければいけない。『哲学の使い方』にも、哲学するとは思考の肺活量を高めることと書いてあったし、時間を気にしないで読書ができるときに読み直そう。

  • 院試の対策をするにあたって、全体の流れをつかむのに使用した。専門書というわけでもないので、哲学史をおおまかに知りたいという人にとっては十分だろうと思う。詳しめに知りたいという人にとってはさすがに足りない。哲学者ごとの専門書か、古代なら古代、中世なら中世で詳しく論じられているものを読むべきだろう。内容は薄いわりに非常によくまとまっているのだが、レトリックに酔った部分が散見されるのでマイナス1点。

  • 古代ギリシアからデカルトまでの西洋哲学史をざらっと解説した書です。「学校」の語源は「暇」だというけれど、昔の人って本当に暇だったんじゃないかということを思ってしますのですが、まあ、考えても答えの出ないことを延々と考えているようにも思えます。それはそれで知の営みとしては良いものであったのかもしれませんけど、現代の人が古代ギリシアの哲学の現場でどのようなことが議論されていたのか?について勉強する意味がよく感じられませんでした。一応、続編の『西洋哲学史 近代から現代へ』も読みます。

  • 本社は古代から中世にかけての西洋哲学をまとめたものである。一般の西洋哲学史の本は、人物名とその人が唱えた概念を一文でまとめた形で纏められているものが多いが、本書は歴史のコンテクストを追いながら、それぞれの人物の思想について、具体的かつ論理的に説明しており、とても面白かった。説明してある内容はそれなりに分かりにくいものだと思うのだが、著者の日本語は大変良質で、ゆえに見事なまでにコンパクトかつ分かりやすく説明していたため、理解しやすかったように思える。

  • 単なる歴史的な事実の羅列ではなく現在からの視点で述べられているので面白い

  • 論理力を鍛えられる本。個人的にはこれを、時間をかけて精読することで、大学時代に論理力を鍛えた。

  • 後篇を先に読んでいたので、本の構成や書きっぷりは知っていたが、中身は全然違う(当たり前だが)。中世以降の哲学史といえば、難解以外の何物でもないが、ソクラテス以前の賢人の思索を文章で読むと、ちょっと感動する。最初は「水」や「火」の認識から始まり、やがて「神」を感じるまでの知性の足跡である。今では当たり前過ぎて気付かないことに、人類として初めて世界観という知を見つけ出して、意味づける。最初に思考したひとは凄い。

  • 西洋哲学の流れをわかりやすく説明している作品

全37件中 1 - 10件を表示

西洋哲学史―古代から中世へ (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

西洋哲学史―古代から中世へ (岩波新書)の作品紹介

あらゆる思考の出発点に、哲学者そのひとの経験があり、論理を紡ぐ言葉がある-やわらかな叙述のなかに哲学者たちの魅力的な原テクストを多数ちりばめつつ、「思考する」ことそのものへと読者をいざなう新鮮な哲学史入門。本書では古代ギリシアと中世の哲学が、続巻ではさらに近代から現代の哲学があつかわれる。

ツイートする