平城京の時代〈シリーズ 日本古代史 4〉 (岩波新書)

  • 122人登録
  • 3.55評価
    • (3)
    • (10)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 坂上康俊
  • 岩波書店 (2011年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004312741

平城京の時代〈シリーズ 日本古代史 4〉 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <目次>
    はじめに  
    第1章  律令国家の成立
    第2章  国家と社会の仕組み
    第3章  平城遷都
    第4章  聖武天皇と仏教
    第5章  古代国家の黄昏
    おわりに

    <内容>
    今まで国内を中心に奈良時代を見てきたが、中国や新羅の動きと連動するようにあるいは模倣するように日本が動いていたことが分かった。その辺を意識して授業を組み立てないといけないかな?

  • 平城京時代の中央政権の動きや国際関係について、網羅的に書かれています。
    平城京は律令国家の成立した時代でもあり、律令国家では官位やそれぞれの官位の所掌事務が定まっていきます。現在のわが国でも、官位は行政機関という形で、また所掌事務も事務分担という形で通用しているし、定期的な人事異動やら、勤務評定やら、歴史の中に親近感を覚えます。

  • 飛鳥時代から平城京の時代へ。中国における唐帝国が成立する中、日本の「枠組み」が成立する時代、天平の甍の時代、天皇が三方の奴として仏教に帰依し、貴族・豪族たちもこれにしたがう。本書「おわりに」がこの時代の特徴を綺麗にまとめており、有益。

  • 文武天皇の治世から始まる「平城京の時代」を、律令制下における統治機構の整備を中心に、宮中内部の政争や藤原家の権勢、蝦夷や隼人といった国内の「夷」・新羅・渤海といった国外の「蕃」・そして律令制国家の範として目指してきた唐との対内・対外関係とその推移も絡めて、鮮やかに記述する。

    土地の調査・把握・整備、租庸調や出挙といった税制、各戸から徴発された兵士による軍団兵士制、そしてこれらのベースとなる国郡里制(地方支配に当たっては、当初は土着の郡司が重要な役割を果たすが、その後は地方派遣の国司が相対的に強まり、中央政権の力が深く浸透していく。)や五畿七道など、「物」と「システム」の両面から、磐石な国家支配が確立していく時代であった。

    また、聖武天皇治世下での疫病の流行から、鎮護国家を祈念しての崇仏事業が行われたことはあまりにも有名であるが、実は、聖武天皇の子・阿倍内親王(後の孝謙・称徳天皇)につき、皇位継承に当たっての不安を除くため、中国の女帝・武則天に倣って、菩薩行の実践者としての立場を与えるために、高僧・鑑真を招いたという側面があったと解釈できるらしい。
    ここに、日本中枢において、中国史上唯一の女帝がロールモデルとして活用され、仏教が政治とより密接に結びついたという、歴史における画期性を見出せる。

    著者の文体(特に文末)にはやや癖があるほか、難解な漢語表現が説明なしに出てくることもあるが、それらを置けば、時代の在り方がよく分かるコンパクトな叙述となっている。

  • 仏教美術、記紀の編纂や万葉集の編集など、平城京の時代は日本文化の原像を作った時代だった。「続日本記紀」が最も面白い、という著者の言葉通り、飢饉あり疫病あり反乱ありと波乱万丈の時代でもある。改めて、平城京の時代を見直した。

  • 時の権力者が認めていたくかたちで、徐々に歴史が整っていく。しかし、美しい話しばかりではなくて、ときに血なまぐさい争いも。この時代は外交面よりも内政面に重きがある。

    このシリーズも4作目だが、読むのに、結構、骨が折れる。人物名と機構がアタマに入りにくいのだ。

  • われわれは、平城遷都で時代を区切っているが、当時の人々は持統天皇までを一区切り(『日本書紀』は持統天皇の治世で終わっている)にしているのであり、時代認識が現代とは異なっていた。そんなあたりまえのことに、改めて気づかされた。

  • 「〜だが。」で結ぶ文が多かったのが学術本らしくなくて変に印象に残ってしまった。しかしこのシリーズはどれもよくまとまっていて面白い。制度についての解説にかなり紙幅を割いていて、高校日本史では丸暗記するだけだった言葉たちにも意味が与えられるようでわくわくした。「はじめに」で軽く触れられた受容史も興味深い。

  • 読了。

  • 文武朝から光仁朝までの奈良時代、つまり平城京に都が置かれていた時代を扱う。

    文明国家としての体裁を整えるために、律令を整備し、中央集権体制を作り上げ、国史を編纂し、唐から高僧を招く。一見地味な時代のように見えて、全力で新国家建設にまい進しているダイナミックな時代だと思う。著者のあとがきを借りると、「平城京の時代は、文字を操ることを覚え、自我が育ってきた時期という意味では、むしろ少年時代、と呼んだ方がよいのかもしれない」。

    この奈良時代は日本国家の成立する最終段階と考えてもいいかもしれない。その出発は、2~3世紀ごろ、奈良盆地に発生した大王家と古代豪族の連合政権であるヤマト王権だった。その後500年近くかけて、大王家が列島全域を支配下に組み込んでいく。その過程が日本古代史そのものだと思う。その過程で、大王家は天皇家として突出した存在となり、物部、大伴、蘇我、葛城 etcという土着豪族は消え、古代氏族は中世的貴族に変貌する。

    本書の最後に、歌人として有名な大伴家持が祖先を誇る歌が紹介されている。大伴氏は大王家に武力で仕えた古代の名族。平安時代に藤原氏との政争に敗れ没落していく。寂しいようでいて、新しい時代を感じざるを得ない。

全16件中 1 - 10件を表示

坂上康俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

平城京の時代〈シリーズ 日本古代史 4〉 (岩波新書)はこんな本です

平城京の時代〈シリーズ 日本古代史 4〉 (岩波新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

平城京の時代〈シリーズ 日本古代史 4〉 (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

平城京の時代〈シリーズ 日本古代史 4〉 (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

平城京の時代〈シリーズ 日本古代史 4〉 (岩波新書)の作品紹介

八世紀の日本は、国家のすみずみにまで統治を及ぼす大宝律令の施行で幕を開けた。つづく平城遷都、記紀の編纂など、唐を手本にした体制が整えられ、奈良の都に天平文化が花開く。ところがそこに襲う疫病の流行、皇位継承をめぐる争い…。揺れ動く時代を人々はどう生きたのか。天皇・貴族や人民の動向を、豊富な資料を駆使して描く。

ツイートする