本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

  • 1156人登録
  • 3.80評価
    • (84)
    • (141)
    • (126)
    • (12)
    • (3)
  • 181レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 岩波書店 (2011年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004313328

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恥ずかしながら、定番どころの児童文学をあまり読んでいません。
    なので、20代になってから少しずつ岩波少年文庫や福音館書店の児童書を読み始めました。
    本書を読んで、やっぱり私、児童文学を読んでないなぁ…と実感しました。
    でも、宮崎駿監督も20代から児童文学をたくさん読んだとのこと。
    私もまだまだこれからだ!

    児童文学は「やり直しがきく話」だと、宮崎さんは仰っています。
    ちょっと自分が不安定になっているときに児童文学を読みたくなるのは、それが理由なのだと思います。
    子供も大人も関係なく、読み手を励まし、前を向いて進むパワーをくれるのです。

    『アンドルー・ラング世界童話集』に興味がわきました。
    細かいところまで書き込まれた美しい挿絵も魅力的ですが、恐ろしいものを本当に怖く描いてあるところに、怖いもの見たさの好奇心がうずきます。

  • 非売品だった小冊子「岩波少年文庫の50冊」(宮崎駿・選)を元にまとめた第一部と、3月の震災の前と後の2本のインタビューを元にまとめた第二部。

    第一部の扉を見ると、紙が黄ばんだ、ちょうど日に焼けた時の色で、そうそう岩波少年文庫ってこんな感じだよなー、とまず思う。カラーで、宮崎さんが選んだ50冊が紹介されているけれど、ここも同じヤケた紙なので、抜粋されたイラストが岩波少年文庫の1ページそのもののよう。

    大好きだった本がたくさんあって、うれしい。
    まだ読んでない本も少しあって、楽しい。

    第二部のインタビューで語るように、「つまり、みんな小人になっちゃった」んだな、と思う。
    でも、だからこそ、本が必要だ、とも思う。
    やり直したり、取り戻したりるするためにも。自分を失わないためにも。ただの楽しみのためにも。

    ここにあげられているもの、全て読みたい。全て読んでほしい。それも、子どもよりむしろ大人に。
    読書に疲れたり迷ったり煮詰まったりしたら立ち戻りたい、大事な1冊が出来ました。

  • 宮崎氏のおススメ児童文学50冊とエッセイ。
    その中には、懐かしいお気に入りの本、大人になって知り大人視点で読んだ本、全く知らなかった本も。

    幼いころ、様々に読んだ児童文学の名作が、今の自分を支えていると言ってもいい。
    同じような思いを、宮崎氏もお持ちのようで嬉しかった。
    本との出会いの素晴らしさをまたしみじみと思わせてくれる一冊。

  • 1,000円と、新書としては高めの値段だと思っていたら、本の前半、少年文庫の紹介部分が、まるごとカラーで古い本のような見かけにデザインされていて面白い。
    途中まで、この本は誰に向けて、どんな目的で書かれたのか疑問に思っていたが、もともとは、著者の小学生の友人を想定して、おすすめの児童文学を選んだのだそうだ。そのおすすめリストを元に、著者にとって児童文学はどういうものであるか、語られている。
    本書を読んだ大人は、この本で勧められている50冊の岩波少年文庫を、もちろん、周りの子どもに勧めてあげればいいだろう。
    しかし、著者の推薦文を読んでいるだけで、大人たちもどこか懐かしく、切なくなるはずだ。
    著者も、児童文学の作品の多くは大人になってから読んだという。
    是非、この本をガイドに、すっかり忘れていたかつてのお気に入りの本を読み返したり、これまでに通らずにきた色褪せない名作を手に取ってみては。

  • 宮崎駿さんが選んだ児童文学たち。
    ジブリ美術館で手に入れて、アメリカ行く時の成田までで途中まで読んでて、で、やっと読み終わった。
    とてつもなく児童文学が読みたくなる。
    ホビットの冒険、うちにあったから読み始めちゃった!

  • 児童文学にそんなに熱心に触れてないので、読んだことのないものがたくさんあって、今あえて読みたいと思い、いくつか興味ある本を自分のメモに加えました。

  • 児童書の推薦と推薦にあたっての経緯や本にまつわるエピソード、宮崎駿さん自身の読書体験にアニメーションの裏側などが語られている。児童書の魅力は挿絵や表紙も含んでいて、そこに駿さんのどこか懐かしさを思わせるイラストのルーツがあったのだな。素直な語り口で書かれていて、駿さんが見ている世界を垣間見ているような、まるで小説を読んでいるような、そんな不思議な感覚。終わりの時代に突入していく日本、これからどんなアニメが生まれるのだろう。森見さんの名前があがったときはちょっと嬉しかった。

  • 『思い出のマーニー』について。宮崎駿さんは,『本へのとびら』( http://iwnm.jp/431332 )で,こう紹介しています.――この本を読んだ人は,心の中にひとつの風景がのこされます.…何年もたってあなたが大人になって,この本のことをすっかり忘れてしまっても… 13.12.12 岩波書店

  • ‘自分ができる範囲で何ができるかって考えればいいんだと思います。それで、ずいぶんいろんなことが変わってくるんじゃないでしょうか。’

    もう一度、風立ちぬ をじっくり味わおうと思う。

  • 宮崎駿監督が自身の読書体験を基に岩波少年文庫から50冊をピックアップし、自身へのインタビューを収録したものです。「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送る」という宮崎監督の思いが伝わります。

    本書を読んでいる間に宮崎駿監督の最後の長編映画となった『風立ちぬ』が公開され、9月6日の宮崎駿監督引退記者会見が行われました。その宮崎駿監督が長年親しんできた岩波少年文庫の中から50冊を選んで紹介し、さらに自分の読書体験や、児童文学に収録されている押絵外貨に素晴らしいかを語り、『3・11』後の世界を語ったものをまとめております。

    『風立ちぬ』だけでも織り込まれている古典がトーマス・マンの『魔の山』。ゲーテの『ファウスト』。そしてダンテの『神曲』があり、あのハードワークの人生でいつ本なんか読んでいるんだろうか?というのが疑問でありました。その答えはアニメーターとして就職していた会社で仕事がなかったときに集中して岩波少年文庫に関しては読んでいたそうです。それは会社の書庫にあるものを読んでいたそうですが、おかげで鍵を管理していた女性から怪訝な顔をされていたそうです。

    さらにここでは宮崎駿監督が『当代一の絵描き』ということで、挿画についても詳細な解説が加えられております。僕は岩波少年文庫をそんなに読んでいたわけではなく、挿画についてもパッと見ていただけだったのですが、ここまでの解説をされると、『あ、そういう見方があったんだ!』という新鮮な驚きがありました。

    そして、この本の元になったインタビューが『3・11』後の世界に行われたものであり、『風立ちぬ』の製作に追われていたことを感じさせる言葉がいくつもあり、
    「「風が吹き始めた時代」の風とはさわやかな風ではありません。恐ろしく轟々と吹き抜ける風です。死をはらみ、毒を含む風です。人生を根こそぎにしようとする風です。」
    という言葉がとても印象に残っております。

    引退記者会見でも申しておりましたが、
    「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送る」
    その思いで自分は映画を作ってきたという宮崎駿監督の選んだ50冊の本は、読む人にとって何らかの形で『心の糧』になることは間違いないようです。

全181件中 1 - 10件を表示

宮崎駿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
高野 和明
三浦 しをん
池井戸 潤
村上 春樹
小川 洋子
有効な右矢印 無効な右矢印

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)に関連する談話室の質問

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)に関連するまとめ

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)の作品紹介

「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送るのが児童文学」。アニメーション界のトップランナーとして世界的に注目される著者が、長年親しんできた岩波少年文庫の中からお薦めの五〇冊を紹介。あわせて、自らの読書体験、児童文学の挿絵の魅力、そして震災後の世界についてなど、本への、子どもへの熱い思いを語る。

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)はこんな本です

ツイートする