仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)

  • 79人登録
  • 3.22評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (1)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 清水眞澄
  • 岩波書店 (2013年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004314455

仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仏像

  • 初心者向けの分かりやすい仏像解説本です。仏像のパーツの中でも「顔」は一番目につく部分ですし、入り口にするには最適です。でも、仏像好きの私にはほとんど知っている内容ばかりで物足りませんでした。書いてあることも当たり障りのない一般論が多く、著者の好みや持論はほとんどありません。安心して読めるけれど、退屈に感じてしまいました。たまにこういう本を読むと、愛読する白洲正子氏の随筆がいかに仏像に対する偏愛にあふれているのかが再認識されますね。

  • お顔から仏像を考える。
    お顔を超えて仏像は単に彫刻ではなくて、仏様だと気付かされる。
    しかし、さすがに仏像の長い歴史を一冊の新書で語り尽くすことは出来ないわけで、続編があればなあ、と思っている。

  • 読了。

  • 特定の目的の参考資料として読んだが、私の目的にはあまり役立たなかった。

  • わかりやすくて気軽に読め、仏像の顔について勉強になった。この本をもって仏像めぐりをしてみたい。

  • 13/11/26 仏様の顔っていろいろあるね。

  • 日本における各時代の仏像のお顔について、自然科学的な「顔」に関する知見をも加味しながら、様々に分析する好著。

  • 勉強になりました。

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@718@S100@1
    Book ID : 80100460330

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002376878&CON_LNG=JPN&

全15件中 1 - 10件を表示

清水眞澄の作品

仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)はこんな本です

仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)の作品紹介

いいお顔をしている-仏像を見たときそう思うのはなぜだろう。眼、眉、唇、輪郭のどんな特徴がそう思わせるのか。インド、中国を経て、日本にもたらされた仏像は、顔も時代ごとに変化した。本書では、法隆寺金堂釈迦如来、興福寺仏頭、鎌倉大仏など、各時代の著名な仏像の顔をつぶさに分析。仏の仏たるゆえんを顔から読み解く。

ツイートする