子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)

  • 266人登録
  • 3.86評価
    • (12)
    • (22)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 阿部彩
  • 岩波書店 (2014年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004314677

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)の感想・レビュー・書評

  • 貧困と聞くと、途上国や紛争地での話しのように聞こえます。一億層中流と言われながら育った自分には、貧困問題と日本とを結びつけるのに、少し違和を覚えます。
    この本を読み、統計を見ると、違和が小さくなりました。特に、子どもや母子家庭での貧困の状況は急いで対処しなくてはならないと感じました。
    「日本では貧困対策が取られているでしょ」という指摘があるかもしれませんが、どうやら、効果はあまり上がっていないようです。

    この本を読み、一番驚いたのは「再分配の逆転現象」(前著『子どもの貧困』の中に詳しいらしいのですが、僕はまだ読んでいません)。
    政府は、税や社会保険料などでお金を集め、生活保護などの形で国民に再分配します。裕福な層から貧困層への所得分配が貧困削減策として行われているわけです。が、日本では再分配後の貧困率が再分配前よりも高くなるのです(この「貧困率の逆転現象」はOECD諸国の中ではにほんだけ)。

    経済成長による分配は自然に貧困層に行き渡るとする「トリクルダウン」に対して否定的な検証結果がでているようです。
    政府の所得再分配もトリクルダウンも効果薄となると、どのような策を講じればよいのか。
    その提示がこの本のキモです。

  • 著者は中途半端だと書いているが、本書が提起した問題のありかと解決への道筋は十分にインパクトがあった。日本の財政も見据えながら、まずは何に取りかかれるのかが分かったからだ。

    ・ひとり親世帯の貧困率は日本は最低
    ・貧困層への自然なトリクルダウンはない。経済成長で。
    ・現代は習い事を通さないと豊かな経験が積めない。
    ・社会的地位ホルモンがセロトニン
    ・個別学習指導は学力向上だけでなく、大人社会への信頼感の回復、対話能力の向上、忍耐力の養生がある。
    ・選別主義のパラドックスから、再分配のパイの大きさへの注目
    ・現金給付に有意な効果はある
    ・放課後の子供の孤立は深刻
    ・子どもの学習費調査

  • 前著に続き子どもの貧困について論じた。本書は、子どもの貧困に関する政策について論じている。現金給付と現物給付のどちらが良いのかなどの議論を行った上で、各種政策の個別論を浅く広く述べている。

  • 前著「子どもの貧困」を経て、子どもの貧困への対策を考えた本。
    対策とは言いながらも、現金給付と現物給付という括りからの提言になっているが、これは唯一の素晴らしい対策というものがないため。

    社会実験が、道義的・倫理的な部分から行えない、というのはとても納得。プログラムに参加しても、対照実験の「何もしない側」になってしまう人が出るからである。
    また収益性の計測も難しい。いつ効果が出るのかがわからないこともある。

  • 子どもの貧困をデータで示した一冊目から一歩踏み出して、具体的な対応策を模索している。難しい問題だけど読みやすい。

  • 前著から5年、的確に問題点は提示されたし、子どもの貧困に対し、社会の視線は着実に向けられた。
    それなのに適切な対応策が十分に取られていないことに、問題の広範さを読み取れます。

  • 前作は子どもの貧困の現状がデータで語られることが中心だったが、今作は子どもの貧困の原因とその解決策を探ることが中心。
    結論として、原因が複合的なので、解決策も多岐に渡り、それら全てを対策するのは時間と人手と、何より予算上難しい。だからこそ、優先度を見極めてやっていかなければならない。
    対策として、政策なのか、対象者の選定方法なのか、現金給与・現物給付なのか、教育なのか就労支援なのか。それぞれにメリットもあれば、不透明な要素もある。またたとえば就労支援といっても色々な方法がある。

    子どもの貧困は、就労の困難さにつながるので、国の税収としてロストが大きく、貧困対策は税収増加に対してコストパフォーマンスが大きいというのが、データとしても実証されており、対策していくことの有効性を語る上でとても分かりやすい。

  • 前作「子どもの貧困―日本の不平等を考える―」に続いて読了。

    社会問題を扱う新書で続き物、というのはあまり多くないですよね。
    問題の所在や構造を明らかにするだけでも新書としては十分な効果だと思いますが、
    著者の阿部さんは解決策についても道筋を示したいという強い思いで、
    ほとんど全編を解決策の考察に費やすこの続編をまとめたそうです。

    1、子どもの貧困の現状
    前作で示した日本における「子どもの貧困」の現状を簡単におさらいしつつ、「貧困を放置することがどれほどの社会的な損失うになるか」という視点で議論を進める。

    その中で特に印象の強い知見。
     ・子ども期における貧困は様々な悪影響を及ぼす
     ・学力面や健康面で、貧困層とそうでない子には統計的に有意な差がある
     ・特に深刻なのは、貧困による家庭内のストレスが身体的・心理的に影響を与えること
     ・そうした影響は大人になっても継続してしまい、貧困の連鎖につながっていく

    こうして発生した貧困に対して、社会は多くの負担をしている。
    つまり、貧困層にいる人たちからの課税収入が少なく、税金も社会保険料も支払えず、場合によっては生活保護を受給する場合もある。また、健康面でのリスクも高く、国や自治体の医療費負担も大きくなる。

    貧困という社会問題に子ども期のうちに手を打つというのは、こうした将来的な社会負担を軽減し、むしろ対象が経済的に自立し税金や社会保険料を支払うことができるようにする、ということである。
    すなわち、「貧困対策は社会的にペイする」のであり、貧困に手を打たないことは「社会的なコストを放置する」ということである。

    これは社会政策論としては、基本的な視点ですが、
    この「社会的コスト」という考え方が理解を得られない場面は非常に多い。

    たぶんそれは「社会的にペイする」ことを明らかに示すのが、難しいから、というか批判しやすい点を含むということが関係しているのでしょう。本書で扱う「子どもの貧困」もそうですが、多くの社会問題は、その問題の構造を完全に解き明かすことがまず難しい。難しいというか社会的な様々な事情が複雑に絡んでおり、厳密には不可能に近い。また、それに加えてペイするまでに時間がかかり、解決策の効果検証が非常に難しいという問題もある。

    問題に関心を持つ人からしてみれば、厳密には分からないにしろ効果が出る可能性があるのであればやってみるべし、ということになるが、
    実際には非常に財政的にも厳しい状態での利益対立に追いやられるとなかなか立場を強く保つことは難しい。

    まぁだからこそ、本書のように海外の事例も含め、使えるデータを集め、
    施策を丁寧に検討する研究者の取り組みには非常に貴重です。


    2、要因は何か
    おそらく本書の中で最も衝撃的な章。

    ここで取り組むのは「なぜ、貧困であることが子どもに悪影響を与えるのか、なぜ「貧困の連鎖」が起こるのか」を考えること。

    これを考えるにあたって、様々な「連鎖の経路」が提示されるのですが、そのあまりの数に茫然とします。
    内容までは紹介できないですが、その数の多さだけでも紹介できればと思うので、経路の切り口だけ取り上げてみよう。
     (1)金銭的経路
      ・教育投資
      ・家計の逼迫
      ・資産
     (2)家庭環境を介した経路
      ・親のストレス
      ・親の病気(精神疾患を含む)
      ・親との時間
      ・文化資本説
      ・育児スキル/しつけスタイル
      ・親の孤立
     (3)遺伝子を介した経路
      ・認知能力は遺伝するのか
      ・その他の遺伝的経路(身体的特徴・性格・発達障害)
     (4)職業を介した経路
      ・職業の伝承
     (5)健康を介した経路
      ・... 続きを読む

  • 様々なデータを元に子どもの貧困の状況と、それに対する諸施策が述べられており、分かり易い。

  • 私たちが問うべきなのは、この「機械の不平等」を是正するために、どれくらいの費用を社会が負担するべきかという問いである。その相場観を得るためには、逆に、貧困を放置すれば、どれくらいの社会の損失になるかを知ることが有益である。(p.25)

    肝心なのは、この「できることをやる」姿勢である。まず、本章で紹介したさまざまな経路の中でも政策的に介入できるものと、介入できないものがある。たとえば、「職業」を介する影響に政策的に介入することは難しい。自営業の親の店舗や会社、政治家の親の地盤などを子どもに渡すなとは規制できない。一方で、教育投資や医療サービスなど、すでに政府が大きく関与している部分もあり、そこには、より貧困の子どもを支援する仕組みを組み込めるであろう。(p.71)

    子どもを「将来の人的資本」と見なし、貧困の不利を解消する政策を、「人的資本政策(Human Capital Policies)」として論じている経済学者も少なくない。貧困に対する政策をただ単に「かわいそうだから」という論理ではなく、「社会に対する投資」という論理で考えるという点では、この領域の学問にも説得性はある。(p.90)

    数ある政策の選択肢の中から実施する政策を選ぶために、長期的な収益性の観点が欠かせないことである。子どもの貧困に対する政策は、短期的には社会への見返りはないかもしれない。しかし、長期的にみれば、これらの政策は、その恩恵を受けた子どもの所得が上がり、税金や社会保障を支払い、GDPに貢献するようになるので、ペイするのである。すなわち、子どもの貧困対策は投資なのである。(p.96)

    貧困に対する対策には、「川上対策」と「川下対策」がある。「川上対策」とは、貧困が発生する前に手を打つ策である。すなわち貧困をつくりださない社会の仕組みや制度を構築する政策を指す。たとえば、義務教育の徹底や、最低賃金などの労働規制や、誰でも受診できる医療サービスなどがこれにあたる。一方で、「川下対策」とは、貧困に陥ってしまった人々が最低限の生活を保てるようにする策である。生活保護制度や就学援助費のような現金給付や、低所得者のための無料低額医療サービスの提供などがわかりやすい例である。二つの政策の決定的な違いは、「貧困者」や「弱者」を選別するかどうかである。(p.102-103)

    ある地方議員の話でショックだったのが、「市民にとって、生活保護受給者はもはや憎しみの対象になっている」という言葉である。市民の「最後のセーフティネット(安全網)」であるはずの生活保護制度がこのような言葉で語られるのは、日本の社会政策の歴史の中でも最も大きな失敗である。ターゲティングの執行の際は、このような失敗が起こらないように細心の注意と工夫が必要なのである。(p.129)

  • ◆前著「子どもの貧困―日本の不公平を考える(http://booklog.jp/item/1/4004311578)」で提起した問題に対して、本書はその対策について模索しています。前著で示された「子どもの貧困」がもたらす最大の問題は、子どもがスタートの段階から大きな不利をこうむっていることと、子ども時代のそれが一生尾を引くということです。
    ◆ところが”ちまた”では、「貧しい家庭の子でも自力で努力して裕福になった人はいる」だとか「貧しいのは、学歴が低いのは、努力が足りないからだ」といった声も根強いようですね(私感ですが)。まして、そうした人たちに現金を給付することについて強い抵抗があることは間違いありません(例えば生活保護制度)。著者が前著と本書で最初にとりかかっているのは、まずこの「常識」に異議を唱えることです。

    ◆本書は、前著と比べるとかなり難しいです。というのも、前著は「子どもの貧困」という”わたしたち”の問題でしたが、本書はそれを解決する政策に踏み込むものであり、それは基本的にわたしたちには縁のない話だからです。

    ◆とはいえ本書は、より多くの人に「考えてもらうための本」であって、考えながら読めば、社会福祉の立派な入門書になるのではないかと思います(なにより説明が現実でとられている・とられてきた貧困対策に即しているし、抽象的な説明が続くような小難しい入門書よりも分かりやすい気がするのです・・・^^;)。

    ◆本書では、具体的な政策をどうするかという最大の課題がまだ残されています。「子どもの貧困」という問題に対して、「だれに」「どの段階で」「なにを」「どのように」手助けを行うべきなのかということは、これからの「子どもの貧困」対策、ひいては親への支援も合わせた(いちばん小さな”社会”の単位としての)家庭の支援を体系的に考えなくてはいけません。本書は、そのためのもっとも基本となる武器を与えてくれる本だといえるでしょう。

    ◆早い話が、お勧めの一冊です。

  • 実態紹介に終始せず、施策の可能性について論じてあるの点が凄い。そんなに簡単にいく内容・問題ではないが、いろいろ試すことは必要だと思う。

  •  子供の貧困の連鎖を断ち切る有効な対策を、費用対効果、限られた予算、国民的合意レベルなどを踏まえ、多面的に模索されている。
     詳細なデータの裏付けや、問題解決を検討するプロセスが論理的で、価値観を超えて多くの人々が納得できる提言になっている点は、さすがだと思った。
     「子どもの貧困対策法」という法律ができるなんて数年前には想像もできなかった。それだけ事態が深刻である一方で、国民的合意が進んだということ。自分自身も何ができるか考えたい。

  •  前著『子どもの貧困―日本の不公平を考える』(http://booklog.jp/users/ayahito/archives/1/4004311578)を踏まえ、では実際にどうやって子供の貧困問題についての対策を立てていくか、社会学の立場から多くを提言している。
     
     そでに「社会政策論入門としても最適な一冊」とあるように、専門色の強い一冊だと思う。特に政策とその効果をどう測定するか、などといったことはかなり難しく感じた。
     
     そんな中で「なるほど」と思ったのは、政策提言の中の一つ。私なりにまとめるのであれば「現金給付中心から段階的給付へ」ということ。特に母子世帯は貧困で苦しんでいる率が高いので、子供が小さいうちは家計についてのストレスを払しょくし、子供へのストレスを最小限にする。そして子供が成長していくにつれ、学校や学習で必要なものを支給していくという考え方。
     
     「現金」か「物」か、という二元論ではなく、段階に応じた支援が効果的であり、支持されやすいだろうと感じた。

  • 阿部彩『子どもの貧困II』岩波新書、読了。『子どもの貧困』を広く訴える契機になった前著のアップデートされた続編。現状で考えられる「解決策を考える」(副題)一冊。何から手をつければいいのか。プライオリティの高い政策はどれか。ひとつひとつの仮題を具体的に検討する。子どもの貧困に限らず気が付くと弱者に転落せざるを得ないのが日本社会の現在。もう、無責任な自己責任はやめよう。

  • 先進20カ国で子供の貧困率 第4位 14。9%
    再分配後の貧困率 日本のみ、再分配前より高い

  • 貧困の子供を救うには、全ての子供を対象にした普遍的な制度の効果が高い、は意外でした。

  • 統計や論文を多用した、研究者らしい一冊。
    説得のためなのか、前半は貧困対策を投資に見立てた経済効果を全面に押し出した論調が続く。
    後半で印象的だったのは、現金給付と現物給付の比較。ここまで詳細に検討されたものは未だ見たことがなかった。

    まずは定時制高校と母子家庭に厚い支援を制度化すべきなんじゃないのかなー。

  • 子どもの貧困についての政策をすすめるために、指標の設定、つまり「測る」ということ。政策の有効性についての効果も
    「測る」こと。正当な意味でのでのアカウンタビリティに挑戦しようとした本。ただ、その「測る」が欧米の指標を参考とするしかない点(現状ではそれしかない)が物足りない。これは筆者の責任ではないが。
    福祉の中に「生活指導」要素。自治的、自立的要素を考える必要がある。
    竹内常一さんの「教育と福祉の出会うところ」の提言が改めて重要な意味を持つ。

  • 結局・・・対策としては「人的なサポート」ということなのだろうか。
    ボランティアなどのメンター制度が一番なのに、結局・・・、行政も国家予算も、ここんとこにはお金を出さない。
    その辺の日本土壌について掘り下げてほしいものだ。

  • 著者の実直の研究成果と主張に胸を打たれるとともに、自分の無知を嘆かざるを得ませんでした
    子供を持つ人はもちろん、一人でも多くの人に読んで欲しい内容です

  • 岩波新書 368.2/A12
    資料ID 2013104020

  • 369.4||Ab3||Ko=2
    子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)2008
    369.4||Ab3||Ko

全25件中 1 - 25件を表示

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)の作品紹介

二〇一三年、「子どもの貧困対策法」が成立した。教育、医療、保育、生活。政策課題が多々あるなかで、プライオリティは何か?現金給付、現物(サービス)給付、それぞれの利点と欠点は?国内外の貧困研究のこれまでの知見と洞察を総動員して、政策の優先順位と子どもの貧困指標の考え方を整理する。社会政策論入門としても最適な一冊。

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)はこんな本です

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)のKindle版

ツイートする