キャスターという仕事 (岩波新書)

  • 345人登録
  • 3.90評価
    • (25)
    • (39)
    • (25)
    • (3)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 国谷裕子
  • 岩波書店 (2017年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316367

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

キャスターという仕事 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

  • 政権にぶっこみ過ぎたことでクローズアップ現代のキャスター降板となったと巷では言われている国谷さんが、テレビの仕事に携わり始めてから、クローズアップ現代のキャスターとして番組が終わるまでを振り返った本。
    結局、現政権にだけ批判的だったというわけではなく、聞くべきことを聞くという彼女のスタンスを貫いたっていうことだけだよな。忖度せずに。
    「聞く」と「聴く」のスタンスは、キャスターだけでなく、我々も人の話をきく際には意識するべき点だと思った。

  • 著者はNHKで「クローズアップ現代」のキャスターとして
    23年間勤めた。
    その現場での経験した生の声と、スタッフ達との番組製作に奮闘する
    姿がカッコイイ。

    アナウンサーとニュースキャスターの違いって分かりにくい。
    簡単に言うと、アナウンサーは原稿どおりに正確に読み伝えること。
    一方、ニュースキャスターは話し言葉で送り手と受け手のパイプ役に
    なり、その個性が発揮できる。

    その反面、客観性の高いニュースを私見という目線が入ることで厄介なことも
    起きる。
    その厄介な事が色んな人に誤解を招いてクレームに繋がるらしい。

    その際たるものが、「出家詐欺」ねつ造放送騒動だ。

    寺院で「得度」という儀式を受けると戸籍の名義が変えられるのを悪用した
    「出家詐欺」が広がっているという報道で、「やらせ」とか「過剰演出」があったと
    クレームが付き、クローズアップ現代の汚点になってしまった。

    現場での人材育成に最適なものがこの番組にはある。
    それは、試写が二回あることだ。
    若い担当者が作成したレポートを他のスタッフと議論してダメ出しをされて、
    自分の視点との違いを知り、さらに深く突っ込んだ議論になる。
    前日に一回目、そして当日の昼に二回目の試写を行い、生放送本番に向かう。
    クローズアップ現代は試写が一番面白いと言う関係者もいる位に熱を帯びる。

    その試写2回を得て本番という流れを23年間続けてきた
    著者は改めて感じるという。

    クローズアップ現代の役割は、物事を「わかりやすく」して伝えるだけでなく、
    一見「わかりやすい」ことの裏側にある難しさ、課題の大きさを明らかにして
    視聴者に提示することだと。

  • 『キャスターという仕事』(国谷裕子)
    読むきっかけは「久米宏のラジオなんですけど」にゲスト実演していたのを拝聴してこの本の存在を知りました。
    【クローズアップ現代】は21:30〜の頃は食卓で頻繁に見ていた記憶がありましたが、19:30〜に移ってからは、まだ帰宅していることが少なく、通っていたジムのサウナで何度か見ることがある程度でした。

    当時、番組を観ていて「意外と小さな社会の問題でも拾い上げ、しっかりした意見を提示する番組だなぁ」というのが印象でした。

    この本を読んでその印象が変わったということはありませんでしたが、そういう印象を受けた番組の、キャスターである国谷裕子さんが与えていた知的で隙のなさのようなものの、背景をよく理解できました。

    では、簡単に紹介します。
    この本は国谷裕子さんが『クローズアップ現代』及びそれ以前の仕事も含めて振り返りながら「キャスターとしての国谷裕子」と「キャスターとしてのあるべき(めざすべき)姿」を綴ったもの(だけれど、メッセージは別のところにあるります。)
    そしてその切り口として用意したのは必ずしも時系列に並べられていない。『クローズアップ現代』で経験した印象に残る制作番組を、社会が流動する起点に配してその底に映し出されるものと、テレビ(メディア)のあり様を自分の私見を交えながら紹介しています。
    (オマケ)番組制作の現場のイメージも緊張感も伝わってきて、ニュース番組の見方に深みが増すようにしてくれます。


    これを読んでいて感じたのは、国谷裕子さんがここで紹介されている挫折や苦悩をすべて彼女が成長のステップしているということ。
    失敗、挫折を不運と捉えるのではなく、試練と捉える。
    (優れたリーダーたちが共通してもつ心の習慣を育んでいたこと)

    それらをもう少し具体的に、その環境も踏まえて観ていきます。
    ①制作現場のスタッフの情熱に応える。
    放送前に行われる二回のVTRリポート試写に二回とも参加して、作り手の意図や熱意を感じとり、自らのなかで視聴者に‘伝える型’のイメージ作りに早い段階から関わる。
    これは、リーダーがチームを牽引していくうえで欠かせない情熱の共有の手段。

    ②「前説」に込める思い。番組冒頭の1分半〜2分半に、現場スタッフから引くついできた情熱を、視聴者のひとりに向かって自分言葉で伝える。(何を、何故、どうやって伝えていくかを表明する重要な時間)
    この姿がチームメンバーの心に響く。絆を深め、信頼感の醸成につながる。

    ③良き支援者を巻き込む
    性格やキャラで築いた人脈ではなく、仕事を通じて、信頼で結びついた人脈は硬く強くときに厳しい。だが、彼らは必ず必要な人を必要なときに、支えてくれる。

    ここには、書くことはしなかったけれど、メディアに対する考察や、柳田邦男さんとの最後の番組で語られた若者へのメッセージ、
    隠れている「地雷」や「事情」をいろいろと考えさせられ、想像させてくれる良い本です。
    何より、国谷裕子さんの実直さがよく伝わる文章でした。

    今後の国谷裕子さんの活躍を期待します。
    2017/05/18

  • 番組の印象そのままの本。言葉使いの難しさ、表現の難しさ、決められた枠の中で番組を作ることの難しさ等々、報道の難しさに彼女は立ち向かっていき、最後まで役割を果たした。常に最善を尽くそうとする姿勢はすばらしいし、実際に番組はそうだったと思う。週に1回、年中ずっとではないとはいえ、報道番組の中でも密度の濃いものを作り続けるのは大変。
    番組の製作関係者のほとんどが男性で、男性社会だったがゆえに、社会における女性の役割や立場の変化に関して番組で取り上げる機会が少なかった点に気づいたのが降板後だった、というのは残念だがやむなしか。
    ただし彼女はあの番組の製作スタッフのうち氷山の一角。海上に見える部分でしかない。水面下の人たちの、特にプロデューサーや編責といった方々はどうなのか。そういう人たちの書いた本があれば読んでみたい。
    テレビ局で報道にかかわる人たちは絶対に読むべし。特に局アナ。自分をタレントと勘違いしている女子アナには理解できないかもしれないが。

  • NHK「クローズアップ現代」のキャスターだった国谷さんが、その23年間を振り返りまとめた本。発刊されて、すぐに購入しました。

    僕自身はほとんど番組を見たことがなく、昨年の番組終了に関わる様々な状況を見聞きすること中で、恥ずかしながら番組の存在や国谷さんのことを知りました。

    ある事象を伝えるときにテレビという媒体の特性と危うさを理解しながら、視聴者自身に伝え・考える機会を提供していくこと。疑問をそのままにせず、聞くべきことは聞き追求していくこと。わかりやすさだけを求めるのではなく、深く物事を捉えられるようにしていくこと(見えないことを伝えること)等、23年間の歩みの中で積み上げられてきたたくさんのメッセージが本には書かれています。言葉の力を信じそのことを高める努力を続けながら時代を見続けきた番組と国谷さんは、とても大切な仕事をして来られたのだなと思いました。

    不寛容な時代、危機的と言える世界と日本の中でどう生きるかが問われています。長期的に多角的に物事を捉えることに、粘り強く取り組んでいくことが大事だと感じています。この本には、読み手に具体的に考えることを促す力があると思います(番組が目指してきたことですね)

    ぜひたくさんの人に読んでほしい一冊です。

  • ▶カエル軍曹
    「クローズアップ現代」のキャスターであった国谷裕子氏が、これまでのキャスターの仕事を振り返る。まず驚いたのは、国谷氏がNHKの職員ではなく年度契約を交わしていたフリーのジャーナリストだったこと。それだからこそ、比較的自由な報道が保てたのではないか。この本からは国谷氏が23年間に渡り非常に努力して失敗してあの番組に取り組んできた意気込みが伺える。最後はNHKが守ってくれなかったみたいだがこの本からは、そんな悲壮感はない。メディアで見なくなったが、次の活躍の場を期待したい。

  • 取材者は常に手心なくあれ。資料の読み込みや、ディレクターの意思を背負っての番組。大変だ。。。

  • 良書。
    23年間クローズアップ現代を担当されただけあって、素晴らしい内容。
    誰が相手でも動じず、客観的に的確に判断し、女性らしさもあり、素晴らしいキャスターの印象。
    だが、帰国子女のコンプレックス、経験不足から苦労されたことを知った。
    めぐり合わせ、チャンス、本人の努力・やる気が大事なのかと思った。

  • 「クローズアップ現代」のキャスターとして23年間、鋭い視点から社会に切り込んできた著者の総括ともいうべき書。NHKアナウンサーとしての失敗から始まり、代表する顔になったこの方自身にも興味があるが、書の中で紹介されているインタビュー経験の裏話の数々は珠玉の記録だ。高倉健の17秒間の沈黙とその後の言葉、そして爾後の高倉健からのお礼の連絡。また石原都知事の際には中途で怒って帰ってしまうことまで想定した準備。倉本聰とのクリスマスを巡る憤り、フジモリ・ペルー大統領、田中康夫長野県知事、菅官房長官らへの厳しい質問。この方が自分自身の立ち位置に真剣に悩みながらゲストに質問で斬り込んでいく様子が、この番組の魅力をいまさらながら教えられる。15年3月の降板の経緯は十分に語られていないが、柳田邦夫氏を最終ゲストに招き、著者が語った言葉が引用されている。正に、著者の遺した遺言のような重みを感じた。3784本目(最終回)番組名サブタイトル「痛みを越えて~若者たち未来への風」の締めくくりの言葉。「社会に貢献することで充足感を得たいという若者が増えていることを示しています。とはいえ、激しい競争、管理の強化、横並びに従わざるをえない同調圧力といったプレッシャーによって、けっして声を上げたり行動がしやすいとは言えない社会。今夜はそうした中で自ら声を上げ、痛みを乗り越えていくために行動を始めた姿を通して若者たちの志を見つめます。」感動的な言葉だ。この方の子ども、若者への視線が優しい。東北大震災の子どもたちへの重松清氏の言葉の紹介もそうだ。なお、引用されている是枝裕和氏の言葉、「わかりにくいことを、わかりやすくするのではなく、わかりやすいと思われていることの背景に潜むわかりにくさを描くことの先に知は芽生える。」が著者のバックボーンだったことがよく分かった。

  • NHKで夜7時半より放送していた「クローズアップ現代」は毎回見ていた。社会問題を扱う硬派の番組としていつも興味深く視聴していたのだが、唐突に終わってしまった。
    番組終了の理由などわかるはずもないが、その後安倍官邸との軋轢が世に流れた。番組内の菅官房長官へのインタビューが逆鱗に触れたというのである。
    その菅官房長官との集団的自衛権についてのインタビューも小生は見ていた。国谷裕子キャスターの鋭いツッコミ、菅官房長官の反論、そこまで聞くかとつぶやきがでるようなさらなる質問。ヒリヒリするような緊張感が張り詰める。エンドテーマが流れる、残り時間が無い! さらに質問をたたみかけるキャスター。菅官房長官の発言途中で番組はブツッと終わった。
    官房長官の発言内容の評価は人によって違うだろうが、この終わり方はやはり菅官房長官の醜態に見えた。当然安倍官邸は怒っただろう。
    まさにジャーナリズムの原点は権力の監視にあることを国谷キャスターは教えてくれている。この迫力はどんなドラマよりも勝る。
    その国谷キャスターが書いた「キャスターという仕事」が面白くないわけがない。本書は夢中で読み終えることができる本である。

    2017年6月読了。

  • 23年、3784本を数えたクローズアップ現代の総括とも言える本。放送の裏側や、インタビュー論、生放送へのこだわりなどがわかる。

    前半は彼女の半生史で、帰国子女だったり世界放浪したりと、リベラルな気風の人だとわかった。
    後半は番組の振り返り。番組の作り方や裏話。前説にかける思い。災害、派遣などをどう伝えてきたか。物議をかもしたインタビュー。あの菅官房長官にも聞くべきことを聞く姿勢を貫いたのも、彼女にとって当然のことだったとわかる。このへんは放送中に知りたかった。
    最大の汚点「出家詐欺やらせ事件」も。意図的な編集は気にするが、素材そのものの真実性は疑っていたら仕事にならなかったとの本音も。

    番組は、そのあと、キャスターなしで1年間放送したが、あの国谷さんとのインタビューの時間がとても価値のあるものだったと改めて知ることになった。キャスター降板は残念だったがこれだけのハードワークだったと知ると、やむをえなかったんだろう。次の活躍を期待したい。
    そのあとこの春から、番組は武田真一氏をキャスターに迎えた。国谷さんの後を引き受けるのは相当な覚悟だったろう。どうこなしてゆくのか見守りたい。

  • テレビ報道の危うさ
     1.事実の豊かさを、削ぎ落としてしまうという危うさ 2. 視聴者に感情の共有化、一体化を促してしまうという危うさ 3. 視聴者の情緒や人々の風向きに、テレビの側が寄り添ってしまうという危うさ

    是枝裕和 わかりにくいことを、わかりやすくするものではなく、わかりやすいと思われていることをの背景に潜むわかりにくさを描くことの先に知は芽生える

    無知は恐怖を生み、恐怖は怒りに変わる。やがてその怒りは殺意につながるからです

    井上ひさし 風向きの法則
     風向きがメディアによって広められていくうちに、その風が次第に大きくなり、誰も逆らえないほどに大きくなると、「みんながそういっている」ということになってしまう。風向きの法則が起こるのだ

    村上龍 日本は自信を失いかけているときに、より一体感を欲する。それは非常に危険だ。
    流れに逆らうことなく多数に同調しなさい、同調するのが当たり前といった同調圧力は、日本では様々な場面で登場してくる。ここ数年は、その圧力が強まっているとさえ感じる

    柳田邦男 危機的な日本で生きる若者たちに八ヶ条
    1. 自分で考える習慣をつける。立ち止まって考える時間をもつ。感情に流されずに論理的に考える力をつける 2. 政治問題、社会問題に関する情報(報道)の根底にある問題を読み解く力をつける 3. 他者の心情や考えを理解するように努める 4.多様な考え方があることを知る 5. 適切な表現を身につける。自分の考えを他者に正確に理解してもらう努力 56. 小さなことでも自分から行動を起こし、いろいろな人と会うことが自分の内面を耕し、人生を豊かにする最善の道であることを心得、実践する。特にボランティア活動など、他者のためになることを実践する。社会の隠された底辺の現実が見えてくる。 7. 現場、現実、現人間(経験者、関係者)こそ自分の思考力を活性化する最高の教科書であることを胸に刻み、自分の足でそれらにアクセスすることを心がける 8. 失敗や壁にぶつかって失望しても絶望することもなく、自分の考えを大切にして地道に行動を続ける

  • 硬派な番組で、突然の交代劇もあったクローズアップ現代のキャスターであった著者が今となって語るものは何かという興味で読んだ。著者のキャスターとしての歩みと、キャスターという仕事、そしてクローズアップ現代という番組が23年間の間に何を伝えてきたのかを振り返ることができた。ポストツルースの時代にあえて感情に流されずに抑えて筆致で淡々と語られる主張が小気味よい。言葉の大事さ、聞くことから聴くことへ、そして問い続けることといった、キャスターとして大事なこと、インタビューとして大事なことを、これも取材された方の言葉を引用することで述べられており、私達の仕事にもつながることが書かれており勉強になった。個人的には前説の大切さと、その準備の苦労話などためになった。最後に柳田邦夫氏が「危機的な日本の中で生きる若者たちに八か条」が転載されており、そのまま著者の主張につながるものと思う。1.自分で考える習慣をつける。立ち止まって考える時間を持つ。感情に流されずに論理的に考える力を持つ。2.政治問題、社会問題に関する情報(報道)の根底にある問題を読み解く力をつける。3.他者の心情や考える力を理解するように努める。4.多様な考えがあることを知る。5.適切な表現を身につける。自分の考えを他者に正確に理解してもらう努力。6.小さなことでも自分から行動を起こし、いろいろな人と合うことが自分の内面を耕し、人生を豊かにする最善の道であることを心得、実践する。特にボランティア活動など、他者のためになることを実践する。社会の隠れた底辺の現実が見えてくる。7.現場、現物、現人間(経験者、関係者)こそ自分の思考力を活性化する最高の教科書であることを胸に刻み、自分の足でそれらにアクセスすることを心掛ける。8.失敗や壁にぶつかって失望しても絶望することもなく、自分の考えを大切にして地道に行動を続ける。以上。

  • クローズアップ現代を毎日進行されていた国谷さん、どういう経歴か、またどんな風にクロ現に取り組んで来られたのか知りたくて読んだ。
    「わかりやすさ」を追求ばかりしていると、視聴者は、「わかりやすい」情報のみしか興味がなくなる。わかりやすいことの奥にある難しさや課題の大きさを伝えることがクロ現の役割。インタビューについて、視聴者が聞きたいことをしつこく聞いたこと、当時のヒューレットパッカードCEOとの対談。嫌がられる質問でも聞いてきたこと、など。
    17秒の沈黙を待った高倉健さんのインタビューについて、「待つことも聴くこと」であると。
    つい、沈黙が怖くて何か話し出してしまうことがあるが、相手は考えている、それを遮ってはいけないと気づく。

  • 同等圧力に屈しないこと、暗いつぶやきにヒントがあること、問いを続けること。
    筆者ががむしゃらに、それでいて大切に守り続けて来た姿勢はテレビメディアだけじゃなくあらゆるジャーナリズムに通用すると思います。ライターや編集者も一緒。

  • すごいなこの人!
    小学生くらいの時が親の影響で最もクロ現を見てたけど、この本読んでなんで見てなかったのかと非常に後悔!
    NHKで生特集番組を23年間もやってるのは傑出した才能と努力の賜物であることは間違いない!
    池上さんみたいな存在になってくのだろうか..

  • 国谷裕子さんの努力を感じる本。すごい人だし、能力も高い人だと羨ましくなる。
    マスメディアの中ではマイノリティな人になってしまうのかもしれないけど、こういうキャスターはもっと出てほしい。

  • クローズアップ現代はスタート当初からずっと観ていたので馴染みもある。その裏話のようなそうでもない様なものだった。
    でも、ああ実は裏ではこういうことになっていたのかと納得できたこともいくつかあった。
    一つのことを長く続けるのは、それを惰性でないことにするなら、非常に大変なことだなと、本質ではないところで感じさせられた。
    著者が伝えたかったのは、おそらくもっと違うことなのだろうなとも思いながら。

  • 言わずと知れたクローズアップ現代のキャスター。この本を読んで如何に彼女があの毎回切れ味のある質問を生み出しているかがよくわかる。人に質問をするということは、どれだけ相手のことを理解しているかと一般人の目線でいられるか。いまのクローズアップ現代ではこのレベルまでは達することは難しそうだ。

  • クローズアップ現代をいつも見ていた訳ではないけど、こんな思いで作られていたんだと感動した。国谷さん、素晴らしい!

  • 帯文:”真摯に、果敢に問いを発し続けてきた〈クローズアップ現代〉のキャスターが23年間の挑戦の日々を語る”

    目次:第1章 ハルバースタムの警告、第2章 自分へのリベンジ、第3章 クローズアップ現代、第4章 キャスターの役割、第5章 試写という戦場、第6章 前説とトーク、第7章 インタビューの仕事…他

  • 本書は、NHK総合の報道番組〈クローズアップ現代〉のキャスターを、1993年から2016年まで23年間務めてきた国谷裕子氏が、「キャスターという仕事」にいかに真摯に向き合ってきたかがわかる一冊。自身のキャスターとしての経験を踏まえながら、テレビへの危機感を訴える本だ。

    本書を読んで、疑問を抱き、言葉にして問い続けること、それはテレビの報道番組のキャスターのみならず、わたしたちにも必要な行為なのではないかとの思いをわたしは抱いた。それはテレビの視聴者としてのわたしたちはもちろん、もっと広く、社会の一員として、そして個人として必要な行為だと言えるだろう。

    そのことが、「客観的な事実や感情的な訴えかけのほうが人々に影響を与え、世論形成に大きなインパクトをもたらす」(本書あとがきより)ポスト真実への、ひとつの対抗手段であり、「多数意見と異なるものへの反発や、多数意見への同意、あるいは同意を促す雰囲気のような」(本書p159)同調圧力への、ひとつの対抗手段となりうるのかもしれない。

    本書は、ともすれば社会や時代の流れに簡単に流されてしまうかもしれない、わたしたち個人がテレビ報道に接するとき、拠って立つべきひとつの指針を示していると言えるだろう。

  • 「クローズアップ現代」の23年の軌跡.

    クローズアップ現代が始まった時は,その密度,深さに新鮮な驚きがあった.そのキャスターは知的な美人で私の憧れだった.
    その後,私は多くのことに関心を失い,この番組も見なくなってしまった.

    さて,この本を読んで思うのは週に4回番組を作ることの慌ただしさである.いくら勉強するといっても,いくら専門家の力を借りるといっても,やはり,なかなか自分の中で問題を深める時間はないだろうな.

    それにしても能力抜群の生真面目なスーパーウーマンである.そのストイックさには頭がさがる.

全44件中 1 - 25件を表示

キャスターという仕事 (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キャスターという仕事 (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キャスターという仕事 (岩波新書)のKindle版

ツイートする