偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)

  • 57人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 服部茂幸
  • 岩波書店 (2017年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316619

偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 黒田-岩田日銀をコテンパンに叩いている本である。しかし現実の経済データがその通りであるからどうしようもないなと笑みを浮かべてしまった。まさにここ4年間の経緯は黒田日銀の敗北としか言いようがない。
    安倍総理は政治家だから、よい数字だけを取り上げて「成果」と言い、多くの悪いデータは全て「道半ば」と言い続けていればよいが、日銀リフレ派はそうもいかない。
    以前よりリフレ派の論理は相当危ういとは思っていたが、やはり失敗だったかと嘆息した。
    本書を読みつつ、これは「資本主義の終焉」を唱える水野和夫や「ここ100年の経済成長が異例で2000年間をみると平均経済成長は1%以下」と語るピケティが正しいと思えてきた。日本の今後を思うとどんよりした不安が胸を覆う。
    読後の感想としては、アベノミクスでもダメなら困難も多いが現状の1%程度の成長を前提とした政策を進めるしかないのではないのかと思えてきた。
    しかし、こんな事ならなにも安倍総理でなくとも民主党政権でも良かった。民主党政権の3年間はリーマン危機や東日本大震災がありつつも平均1.6%成長を遂げていたのだから。

    2017年6月読了。

  • 過激なタイトルであるが、実証実験に各種経済指標を通して、アベノミクスがいかに失敗しているかを淡々と説明しており、目から鱗。デフレの克服、2%の経済成長などの公約がいかに破られ、達成時期先送りを繰り返ししてきたか!なんとアベノミクス前よりも経済成長率は低く、物価下落も続いている。これだけの金融緩和の中で起きている現象である。企業利益の回復のみが、プラスだが、円安・原油安による名目的要因が大きく、人件費削減が利益回復を支えられているという。何のことはない、中間層の没落、富裕層の資産収益増というのが、現在の正直な状況である。それがアベノミクスという言葉に幻惑され、成功しているかどうか、検証する人もいない!米国のバーナンキによる経済政策なども引用しながら、日本においては黒田春彦・岩田規久男・原田泰らの日銀正副総裁・政策委員による政策失敗を語る。

  • 経済理論的なところは難しかったけど、著者の言わんとしたことは大体わかったように思います。学問的な正邪はともかく、アベノミクスは国民を幸せにしなかったということ。

  • 332.107||Ha

全4件中 1 - 4件を表示

服部茂幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)はこんな本です

偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)を本棚に登録しているひと

偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)の作品紹介

なぜ今も経済の停滞が続くのか、本当に雇用は回復したのか、金融緩和でデフレからの脱却は成功したのか、格差は広がっているのか…安倍政権と黒田日銀による経済政策を徹底検証。まやかしの「成果」のからくりを暴き、アベノミクスを鋭く批判する。その先に、経済学が果たすべき役割が見えてくる。

偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)のKindle版

ツイートする