本―起源と役割をさぐる (岩波ジュニア新書)

  • 36人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 犬養道子
  • 岩波書店 (2004年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005004768

本―起源と役割をさぐる (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本の起源と役割は、文字の起源と役割と相似という前提のもとに、主に文字について記述している。
    聖書のような宗教的な本は、長く伝えられてきている。
    情報伝達の仕組みとしての文字と本。
    断片的ではあるが、さまざまな知見を教えてくれる。

  • 読むべき本が古典であれなんであれ、「自分の中にある問い」が大事なんだということを再確認させられた。

  • ところどころいいんだけど、全体的に押し付けがましい。
    話し言葉よりで、読みにくいところがある。

  • [ 内容 ]
    人間ひとりひとりを自立させ、世界や真実に目を向けさせる―そんな力をもつ本。
    その源流はどの時代までさかのぼれるだろうか。
    数千年の昔、メソポタミアで粘土版に、中国で甲羅に文字を刻んだのは、なぜ。
    紙はいつ発明され、どう世界に普及したのか。
    広く世界に目を向けて本の起源を探り、本とのつきあい方を考える。

    [ 目次 ]
    1章 何が本なのか
    2章 本のはじまり
    3章 思想を分配する
    4章 紙の発明と伝達
    5章 アルファベットの役割
    6章 本の性格・本とのつきあい方

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 前半は、本の歴史についてで、初めて知ることも多く面白かったんですが、
    後半は、著者の思想が色濃く出ていて、私には共感できない点も多く、いろいろと違和感を感じました。

    〈読了日:2009.8.22〉
    〈所在:図書館(060200400735)〉

全5件中 1 - 5件を表示

犬養道子の作品

本―起源と役割をさぐる (岩波ジュニア新書)はこんな本です

本―起源と役割をさぐる (岩波ジュニア新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本―起源と役割をさぐる (岩波ジュニア新書)の作品紹介

人間ひとりひとりを自立させ、世界や真実に目を向けさせる-そんな力をもつ本。その源流はどの時代までさかのぼれるだろうか。数千年の昔、メソポタミアで粘土版に、中国で甲羅に文字を刻んだのは、なぜ。紙はいつ発明され、どう世界に普及したのか。広く世界に目を向けて本の起源を探り、本とのつきあい方を考える。

ツイートする