新版 原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)

  • 94人登録
  • 3.66評価
    • (5)
    • (13)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 西尾漠
  • 岩波書店 (2006年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005005291

新版 原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供向けに書かれている本でわかりやすかった。
    3.11が起きる5年も前にこの本が書かれていたことに驚いた。

  • 基本的に著者は原発反対派。  だから記述の多くが「反原発!」という立場で書かれています。  そうであるだけに、この著者のこの本だけで何かを考え、結論まで出しちゃうのは危険だけど、今回の福島原発の事故が発生するまで、考えたことも 否 考えようとしたことさえなかった多くの事を知ることができたように思います。  印象的だったのは2006年に第1刷が発行されたこの本に今まさに起こっていることがそのまま「見てきたこと」でもあるかのように描かれている・・・ということです。  その記述を読んだ時、KiKi はこれまで「知ろうとさえしなかったこと」に対する羞恥心でいっぱいになりました。  この本が発刊されたときに読んで、他の本や施設見学等々でもっと知識や関心を増やしてさえいれば、今、この時にここまでオタオタしなくても済んだのかもしれない(事故収束に向けて何かができる・・・ということではなく、この事態に対して自分なりの立ち位置がもっと明確に自覚できていたのかも)・・・・・と感じました。

    (全文はブログにて)

  • 課題図書。

    2006年初版ということで、東日本大震災以前に書かれた著書。
    岩波ジュニア新書だけど、小中学生がこれを読み切るには、なかなか集中力がいるなぁと思う。
    数字がきちんと挙げられてはいるけれど、ただの説明書であって、なんというか、筆者が読ませたい部分ってどこなんだろう?と感じたからだ。

    原発の仕組み、放射性廃棄物や構造など、知識のみが欲しい場合には良いかも。

    例えば末尾に、電気を使わない生活のススメのような文言が繰り返し出てくるけれど、およそ10年が経過した現在、電力制限のかけられるような生活には、ますますなっていないように思う。
    データもシステムもほとんどが機械やコンピュータ管理になって、一時的な節電ならば快く協力もしようが、恒常的な節電なんて、可能なのだろうか。
    相変わらず原発反対と原発復帰の利害が衝突する日本。

    ただ、癒えない傷はあって、そこを脱する視点を皆、望んでいるように思う。

    随分昔の本になるが、朝永振一郎の『プロメテウスの灯』を読んだ時、原子力導入の初期段階で、ほんとうに切迫した考えが述べられていて、ゾッとしたものだ。

    また、新潮文庫から出ているJCO臨海事故を描いた『朽ちていった命』というドキュメンタリーも、人間が崩れていく様子が生々しく描かれていて、眠れなくなるほど。

    ぜひ、外枠の話からもっと切実な恐怖に触れて欲しい。
    手前勝手なレビューになってしまった。

  • 【状態】
    展示中

    ++1

  • 原子力を小学生から高校生までの間に、「よいもの」として教育しようと政府や電力会社は躍起になってきたらしいですが、そういう、「原発推進」の教育だけでは公平じゃないですから、このような、反原発目線で書かれたわかりやすい本というものは大切だなと思いました。

  • 「3・11」以後、誰もが原発の安全性や将来性のことを考えざるを得なくなった。例えば、核廃棄物のゴミをどこにどうやって何万年も保管するのか。大学生のうちに原発関係の本をひもといておいた方がいい。そして、なるべくわかりやすいものを。岩波ジュニア新書?名前だけで侮らないでほしい。困難な問題を考えるためには、凝り固まった私たちの頭をもう一度、子供並みに解きほぐした方がいいから。

    OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02171903&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 旧版が1996年4月、チェルノブイリ原子力発電所事故から10年目に書かれて、新版はさらに10年後の2006年2月に刊行されています。
    著者はこのところネットで中継されている原子力資料情報室の共同代表で、『はんげんぱつ新聞』編集長。
    私はこの本、多くの人が読めるようにネットブック化して欲しいと強く思います。西尾さんには印税は入らなくなりますが是非著作権フリー化して無料でみんなが読めるようになって欲しい。それくらい良い本です。
    books208

  • 20120623 今読むと予言の書のようだ。電力会社と政府はこの五十話に対してすべて回答するべきではないだろうか。子供達に読んでもらいたい。

  • いろいろな話題があって勉強になる。
    50話題があれば,いろいろ考えるきっかけになる。
    半分くらいはよく知らないことだった。

    省エネルギーはもっと突っ込んだ議論があるとよいと感じた。
    具体的なエネルギー効率の改善など,若い人が興味を持つ,前向きな話として展開するとよいかもしれない。

    原子力発電と太陽光発電,風力発電の技術として同じところと違うところの一覧があると分かりやすいかもしれない。
    原子力発電は一定出力であるのに対して,
    太陽光発電,風力発電は天候しだいで気まぐれなので、
    電池などの電気を蓄える技術の助けなくては有効利用できない。

    電気自動車などの電池を保持している機器が増えれば,より有効な展開ができるのではないだろうか。

  • 知るための第一歩は岩波ジュニア新書を読むことだ、とかいうような教師の言を思い出し、図書館で探した。15年前に出版され、5年前の改訂新版からまたすぐに、書き加えられなければならない災害が起きてしまった。その原子力発電のしくみがわかりやすく書かれている。原発反対の立場からデメリットが多く述べられているが、まず読み終えたわたし自身の考えをまとめたい。

全18件中 1 - 10件を表示

西尾漠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

新版 原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新版 原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新版 原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

新版 原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)の作品紹介

1999年のJCO、一昨年の美浜原発と、日本でも原発にかかわる悲惨な事故が起きたことは、記憶に新しいでしょう。しかしパソコン、携帯、ゲームなど、電気を使う機会は増える一方です。だから原発に頼るのもやむをえないのでしょうか?あのチェルノブイリ原発事故から20年にあたる今年、原発の危険な現状と電気の真実を新たに語り明かします。

ツイートする