被爆アオギリと生きる――語り部・沼田鈴子の伝言 (岩波ジュニア新書)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 広岩近広
  • 岩波書店 (2013年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007400

被爆アオギリと生きる――語り部・沼田鈴子の伝言 (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 広島へ行く新幹線の中で。
    広島で碑めぐりを担当してくださった方が沼田鈴子さんとゆかりのある方だったので、直前でしたが読了していて、話がすっと入ってくる部分が多かったです。68年経った過去のことではなく今なお現在形で続いている事柄なのだとの思いを強くしました。

全2件中 1 - 2件を表示

広岩近広の作品

被爆アオギリと生きる――語り部・沼田鈴子の伝言 (岩波ジュニア新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

被爆アオギリと生きる――語り部・沼田鈴子の伝言 (岩波ジュニア新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

被爆アオギリと生きる――語り部・沼田鈴子の伝言 (岩波ジュニア新書)の作品紹介

22歳の夏、広島で被爆した沼田さんは左足を失う。焼け焦げたアオギリが新芽を出す姿に励まされ、自殺を思いとどまる。やがて原爆記録映画への登場をきっかけに、証言活動をはじめる。欧米やアジアでは、被爆者と加害者の両方の立場で語り、平和の尊さを訴え続けた。戦争や平和、今後の社会のあり方について考えるための一冊。

ツイートする