パサージュ論 第4巻 (岩波現代文庫)

  • 62人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 今村 仁司  三島 憲一 
  • 岩波書店 (2003年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001049

パサージュ論 第4巻 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    〈第1巻〉
    パリにナチスが迫る間際まで書き綴られた膨大なメモ群はバタイユらに託され、かろうじて生き残った。
    一九世紀パリに現われたパサージュをはじめとする物質文化に目を凝らし、人間の欲望や夢、ユートピアへの可能性を考察したベンヤミンの畢生の労作。
    近現代社会分析の基本文献。
    断章番号順の構成で、待望の文庫版刊行開始。

    〈第2巻〉
    同一商品が大量に流通するようになると、新しいものがいっそう求められる。
    使用価値とは無縁の流行が現われ、社会は移ろいやすさに覆われる。
    ボードレールの用語「現代性」は資本主義の特質をうがち、ベンヤミンの歴史哲学に影響を与えた。
    『パサージュ論』最大の断章項目「ボードレール」ほか、「蒐集家」「室内、痕跡」を収録。

    〈第3巻〉
    亡命先パリで爛熟から崩壊へと向かう市民社会の運命を読み取り、ありえたかもしれない歴史の別の可能性にベンヤミンは思考をめぐらせた。
    歴史認識のコペルニクス的転換について考察する“K”、遊歩者の認識をつづる“M”、認識論についてのマニフェスト“N”、売春と賭博の考察“O”など、思想的方法論と都市に関する断章群。

    〈第4巻〉
    産業と技術の進展によってユートピアは訪れるのか。
    初期社会主義者の注目されなかった側面に光をあてる。
    「サン=シモン、鉄道」「フーリエ」、商品生産や価値理論を取り上げて人間と労働の意味を考察する「マルクス」、技術がもたらした社会変容を論じる「写真」などの断章項目を収録。
    進歩思想と一線を画すベンヤミンの世界。

    〈第5巻〉


    [ 目次 ]
    〈第1巻〉


    〈第2巻〉
    覚え書および資料(蒐集家;室内、痕跡;ボードレール)

    〈第3巻〉
    K 夢の街と夢の家、未来の夢、人間的ニヒリズム、ユング
    L 夢の家、博物館、噴水のあるホール
    M 遊歩者
    N 認識論に関して、進歩の理論
    O 売春、賭博
    P パリの街路
    Q パノラマ
    R 鏡
    S 絵画、ユーゲントシュティール、新しさ
    T さまざまな照明

    〈第4巻〉
    覚え書および資料(サン=シモン、鉄道;陰謀、同業職人組合;フーリエ;マルクス;写真;人形、からくり;社会運動)

    〈第5巻〉


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • ヴェンヤミン遺稿!

全2件中 1 - 2件を表示

W・ベンヤミンの作品

パサージュ論 第4巻 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

パサージュ論 第4巻 (岩波現代文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パサージュ論 第4巻 (岩波現代文庫)の単行本

ツイートする