「かたち」の哲学 (岩波現代文庫)

  • 23人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 加藤尚武
  • 岩波書店 (2008年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001964

「かたち」の哲学 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帯に「見分けのつかない双子姉妹、私はどちらに恋しているのか?」と書かれてあったので、思わず買ってしまいました。



全1件中 1 - 1件を表示

加藤尚武の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「かたち」の哲学 (岩波現代文庫)はこんな本です

「かたち」の哲学 (岩波現代文庫)の作品紹介

同じ「かたち」をしているものは、同じ存在といえるだろうか?視覚と触覚の違いとは何か?「かたち」からは見分けのつかない双子の姉妹との恋愛物語のスタイルで、錯覚の問題、モリヌークス問題、「共通感覚」の問題など、アリストテレス、ロック、バークリほか多くの哲学者たちによって議論されてきた「かたち」と存在をめぐる問題群をわかりやすくかたる。

ツイートする