数学が生まれる物語 第5週 関数とグラフ (岩波現代文庫)

  • 18人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 志賀浩二
  • 岩波書店 (2013年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002916

数学が生まれる物語 第5週 関数とグラフ (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネイピア数の導入、美しい。手を動かしての解析、万般に通じる。今回、読み遂げて、無駄な週、ページは一切なかった。テイラー展開まで、これまで習ったことのない視点で新鮮だった。

全1件中 1 - 1件を表示

志賀浩二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カール・セーガン
有効な右矢印 無効な右矢印

数学が生まれる物語 第5週 関数とグラフ (岩波現代文庫)はこんな本です

数学が生まれる物語 第5週 関数とグラフ (岩波現代文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

数学が生まれる物語 第5週 関数とグラフ (岩波現代文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

数学が生まれる物語 第5週 関数とグラフ (岩波現代文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

数学が生まれる物語 第5週 関数とグラフ (岩波現代文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

数学が生まれる物語 第5週 関数とグラフ (岩波現代文庫)の作品紹介

第5週では、関数を分析する一般的な方法として微分について学びます。そして3次関数、三角関数、指数関数などに適用し、これらのいろいろな性質を調べていきます。また、関数の合成、平均値の定理などについても学びます。数学は微分という翼を得て、解析学の大空へと高く舞い上がっていきます。さあ、いよいよ本格的な解析学の始まりです。

ツイートする