語る藤田省三――現代の古典をよむということ (岩波現代文庫)

  • 10人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 竹内 光浩  本堂 明  武藤 武美 
  • 岩波書店 (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003630

語る藤田省三――現代の古典をよむということ (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学生時代にもぐりの聴講生として講義を聴いたことが思い出される。また、ゼミ生の皆さんのその後の道行自体、藤田氏は賞賛するだろう。決してベストセラーなんぞにはならない、珠玉の作品。

  • 東2法経図・開架 B1/8-1/363/K

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

語る藤田省三――現代の古典をよむということ (岩波現代文庫)はこんな本です

語る藤田省三――現代の古典をよむということ (岩波現代文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

語る藤田省三――現代の古典をよむということ (岩波現代文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

語る藤田省三――現代の古典をよむということ (岩波現代文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

語る藤田省三――現代の古典をよむということ (岩波現代文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

語る藤田省三――現代の古典をよむということ (岩波現代文庫)の作品紹介

『天皇制国家の支配原理』以来、一貫してラディカルな批評精神をもって時代状況に対峙し続けた思想史家・藤田省三。本書は、藤田が読書会や講義・講演の場で展開した、自由な飛躍と挑発的ニュアンス、独特のリズムで切り口鮮やかに問題の本質を抉り出す「語り」を生き生きと再現。「談論風発」の人・藤田の、書き残された著作にないもう一つの魅力を伝える。岩波現代文庫オリジナル版。

ツイートする