続 歌舞伎への招待 (岩波現代文庫)

  • 14人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 戸板康二
  • 岩波書店 (2004年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006020811

続 歌舞伎への招待 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「歌舞伎への招待」を「初めてのPerl」に例えたのは、この本との関係が、「続・初めてのPerl」っぽいなと感じたから。
    歌舞伎への招待ふくめて、実際の歌舞伎を一回は見ないと、いや何回も見ながら何回も読むと、歌舞伎への理解が深まりそう(歌舞伎の知識が増えるのではなく)なところも、自分でスクリプトを書きながら「初めてのPerl」を何度も読み直すのと非常に似ているところが面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

戸板康二の作品

続 歌舞伎への招待 (岩波現代文庫)はこんな本です

続 歌舞伎への招待 (岩波現代文庫)の作品紹介

『歌舞伎への招待』の好評に応えて執筆された本書は、「梅王丸」から「切られ与三郎」まで、歌舞伎の代表的登場人物八人を取り上げる。途中「幕間」を挟む構成は、読者を居ながらにして劇場へと誘う。名優たちの芸談の数々が織りなす歌舞伎の「花」と「風情」。今よみがえる、華麗なる歌舞伎の「花伝書」。

ツイートする