幻景の街―文学の都市を歩く (岩波現代文庫)

  • 27人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 前田愛
  • 岩波書店 (2006年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021108

幻景の街―文学の都市を歩く (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 評価保留

  • 都市の風景と文学との関係を書いた本は比較的多く出ている(出るようになった、というべきか)。この本が僕にとって不思議なインパクトを持ったのは、書かれたのが少し前(大元は90年代前半)だったためだろう。
    つまり?対象の文学作品の中の時代、?作品が書かれた、つまり作家の生きた時代、?この本が書かれた時代、そして、?この本を読んでいる現在、と4つの時間軸が各作品ごとに顕れてくる。それぞれの時間との距離が複雑に絡みあって、切り離されたり、繋がったりしながら風景が現れる。その不思議な感覚が楽しかった。

全3件中 1 - 3件を表示

幻景の街―文学の都市を歩く (岩波現代文庫)のその他の作品

幻景の街―文学の都市を歩く ハードカバー 幻景の街―文学の都市を歩く 前田愛

前田愛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
夏目 漱石
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
松山 俊太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

幻景の街―文学の都市を歩く (岩波現代文庫)はこんな本です

幻景の街―文学の都市を歩く (岩波現代文庫)の作品紹介

『たけくらべ』の吉原・竜泉寺町、『雁』の上野不忍池、『照葉狂言』の金沢、『あめりか物語』のシカゴ、『夫婦善哉』の大阪、『なんとなく、クリスタル』の原宿・青山-作品に描かれた土地を訪れて「幻景の街」を復元し、作家たちが街に寄せる愛情と、それらの街をきめ細かく言葉の中に生かそうとしたさまを明らかにする。

ツイートする