マリリン・モンロー・ノー・リターン―野坂昭如ルネサンス〈3〉 (岩波現代文庫)

  • 28人登録
  • 4.20評価
    • (5)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 野坂昭如
  • 岩波書店 (2007年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021146

マリリン・モンロー・ノー・リターン―野坂昭如ルネサンス〈3〉 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 野坂氏だけに限らないと思うが、書く話のパターンがいくつかあって、それぞれの感性、年代、境遇などで好みが分かれるところだろう。5編中、既読の「死の器」が私は一番好きだったけど、他のあけすけなエロ全開、欲望、妬み、業が三つ巴になった迫力たっぷりの作品もやはり面白く読めた。今更ながら気づいたが、女性が主人公になると、ワイワイガヤガヤどころではない、禍々しい作品ばかりかも。

  • この本に収録されている「娼婦三代」には五十過ぎの女に娼婦としての手ほどきを受けた時の快楽が忘れられず、新入りの少女に同じ事をして手籠めにしてしまう百合シーンがあったりします(その後どうなるかはタイトルからお察しください)。それはそうとほとんどが色事がらみの作品な中で「老いと死」を何処かユーモラスに飄飄と描いた「死の器」が一番好きだったり。

  • 十二分に堪能しました。屈折した性を悲喜劇交えて描いています。女性の悲しさも逞しさも描かれています。野坂氏はやはり心底女性が好きなのです。どのように女性を描こうと、そこには優しさがあると私には感じられます。これからも野坂氏の作品を読み続けようと思います。

  • 独特で不思議な文章リズム。こんなリズムの文体は初めてかも。

全4件中 1 - 4件を表示

野坂昭如の作品

マリリン・モンロー・ノー・リターン―野坂昭如ルネサンス〈3〉 (岩波現代文庫)はこんな本です

マリリン・モンロー・ノー・リターン―野坂昭如ルネサンス〈3〉 (岩波現代文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マリリン・モンロー・ノー・リターン―野坂昭如ルネサンス〈3〉 (岩波現代文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マリリン・モンロー・ノー・リターン―野坂昭如ルネサンス〈3〉 (岩波現代文庫)の作品紹介

徹底的に現実を拒否しおぞましい妄想にとりつかれた人間を主人公として、遠国の美女への願望、女たちの執念、反逆的なヒューマニズムや現実逃避をテーマとする中編小説集。作家自身の「私小説」である表題作「マリリン・モンロー・ノー・リターン」をはじめ、性と死を執拗に直視した問題作である「娼婦三代」「母陰呪縛譚」「死の器」「不能の姦」を収録。

ツイートする