日記をつける (岩波現代文庫)

  • 187人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (15)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 荒川洋治
  • 岩波書店 (2010年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021795

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三浦 しをん
朝井 リョウ
中島 京子
朝吹 真理子
ヴィクトール・E...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

日記をつける (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 多くの既刊の日記エッセイを例に、日記のつけ方や向き合い方を説いた1冊。
    私自身も日記をつけて10年くらい。本来日記はプライベートの極みのような作業だと思っているので他人様の日記を覗き見する心持ちで読んだ。本書から感じたことは、結局日記は自由に、気楽に、好きに書いていいということ。
    と併せて、飽き症の自分がなぜ日記をつけ続けるのかも考えてみた。とりとめのない日常や考えを書くと、まず言葉にすることで心の整理がつく、客観的になれる。そして後々見返した時に何気ない一文から、その時の思い出が一気に甦る。楽しくなる、嬉しくなる、悲しくなる、苦しくなる、悶絶する(笑)。そして最後は必ず笑えてくる。
    そんなものすごく個人的なヒトトキのために、これからも日記をつけようと改めて思えた。

  • そっと丁寧に日記と言う輪郭をなぞってみる。
    そんな感覚の本です。

    これもまた言葉の在り方で、対話する為でもなく
    営みとしてあるような言葉たち。
    夜、街並みに生活の明かりが灯っていると安心するような形で
    ここの文を見ているとほっとする。

    ブログのところだけ少し、テンション高く荒ぶっているのが
    またほほえましい。

  • 参考文献も興味深い。

  • なかなか。子供の日記や戦争の日記とかあって。179〜181の記録と記憶。この章が実に良かった。自己中心的な人は、覚えが悪く、恋をしたら記憶が上がり何気ないことでも全て記憶するだろう。日記をつけるのは自分のためでなく、もしかしたら人を大切にしたいという重いから来ているのかもしれない。

  • 毎日、くだらない日記をつけています。少しでも改善できれば、と思って読みました。なかなか意味のある日記をつけることは、難しいようです。

  • 配置場所:広3新書
    資料ID:93033036
    請求記号:081||I

  • SNSについてどう思われているのか、新しいヴァージョンの『日記を付ける』が出版される時が来たらその点に触れてほしい。

  • 日記つけかた模索中なので手に取りました。色々な日記を紹介しているが、
    昔すぎて若干レベルが高く消化不良な内容。でも、著者の思いである「日記はリラックスで大雑把に寝る前の楽しみとして書く」という記述は共感を得ました。後、記憶の乏しい人は人を愛していないという一節もなるほどかなと。ココらへんの文が拾えたので十分な価値がありました。

  • 日記にまつわる旅をするエッセイ、という感じ。いろんな人の日記がのぞけてとても面白かった。

    蘆花の日記の性愛にドキドキしてしまった。笑
    ブログへの見解は、情報関係の授業での論説文として使えそうな考え方にみえた。この本そのもののまとまりとしては確かに浮いていたと思う。

    あとは食べ物。本当にたべることは日常なのに、誰にでも話題になりえる。
    お腹すいたなぁ。

全25件中 1 - 10件を表示

日記をつける (岩波現代文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日記をつける (岩波現代文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

日記をつける (岩波現代文庫)の作品紹介

日記は長く難しく書くものではない。ちょこっと気軽につけるもの。小さな積み重ねから、つける人の人生がみえてくる。つけたくないときにも、そばにある。忘れてしまうものも、記憶してくれる。様々な文学作品から日記をめぐる情景をひきつつ、日記のつけかた、広がりかた、その楽しみかたをやさしく説く。

ツイートする