われらが背きし者 (岩波現代文庫)

  • 27人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 上岡 伸雄  上杉 隼人 
  • 岩波書店 (2016年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006022815

われらが背きし者 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジョン・ル・カレ「われらが背きし者」読了。☆四つ。全ての作品を読んでいる数少ない作家。今回も、渋いエンターテイメント作品に仕上がっています。85才の巨匠‥どんどん新しい切り口で攻めるなぁ‥すごいなぁ‥

  • スパイ小説の大家、ジョン・ル・カレの作品。ユアン・マクレガー主演で映画化され、それが面白かったので読んでみました。
    ペリーは大学教授をやめようと考えている。ゲイルは企業の訴訟を受け持つ弁護士。二人でリゾートで休暇中にペリーがディマというロシア人にテニスに誘われる。ディマに気に入られたペリーはパーティーにも誘われ、やがてディマから自分はロシアン・マフィアの金庫番で、最近自分の近親者が粛清を受けて消され、自分の立場も危ういためイギリスに逃してほしいと相談を持ちかける。交換条件はロシアン・マフィアの金の流れと、それにイギリスのどの人物が関与しているかという内部情報。
    全くの一般人のペリーとゲイルはこうしてイギリス諜報部とロシアン・マフィアの駆け引きの中に引き込まれていく・・・。
    映画がイギリスに逃げる逃亡劇に重点が置かれていたサスペンス映画であったのに比べ、こちらはやはりスパイ小説なので、ペリーとゲイル、そしてイギリス側の諜報部員の心理の動きに重心が置かれていて、逃亡劇とその結末については意外というほどあっさりした描写になっている。
    しかし、映画と小説は表現手法が異なるので、仕方ないし、だからどちらかが面白くないというわけではなく、映画では描けない登場人物それぞれの心の動きに重心がある小説は、スパイ(主人公はあくまでも素人スパイとして)の揺れ動きがあって楽しめる。

全2件中 1 - 2件を表示

ジョン・ル・カレの作品

われらが背きし者 (岩波現代文庫)の作品紹介

カリブ海の朝七時、試合が始まった-。季節外れの豪奢なバカンスが、ロシアン・マフィアを巻き込んだ、疑惑と欲望の渦巻く取引の場に。どうして私たちなのか、恋人は何を知っているのか、このゲームに身を投げ出す価値はどこにあるのか?政治と金、愛と信頼を賭けたフェアプレイが壮大なスケールでいま、始まる!サスペンス小説の巨匠、ル・カレ極上のエンターテインメント。

ツイートする