ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

  • 3645人登録
  • 3.90評価
    • (304)
    • (320)
    • (318)
    • (32)
    • (7)
  • 293レビュー
制作 : Richard P. Feynman  大貫 昌子 
  • 岩波書店 (2000年1月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006030056

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大事なのは遊び心なのかなぁと思った。
    あとは、人の期待と自身の責任感にとらわれすぎないこと。

  • 物理学者の書き物とは思えないぐらい、とても笑えます。

    物理が本当に好きなんだなという気持ちがつたわってきます。

    いい本だなと思いました。

  • Richard.P.Feynmanの伝記。

    朝永振一郎とともにノーベル賞を受賞した彼である。
    天才かと思っていたが(いや、十分に天才なのであるが)、本書を読むと、幼少期の彼の「知りたい」という気持ちが将来を決定したのだと思う。

    いや、気持ちだけではダメで、実際にやってみるという経験が重要なのだ。

  • 物理学がわからなくても十分楽しめる。
    読みながら思い出す言葉があった。

    「子日わく、之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむ者に如かず。」

    電車の中では読まないほうがいい。
    クスっと笑える箇所が多すぎる。

  • 重い足取りも軽くしてくれるようなエピソードの数々。

  • 「大人げない大人になれ!」の著者もとMS社長の成毛さんから紹介を受けた本、ノーベル物理学賞をとられたファインマンさんの自伝。やっぱりノーベル賞を取られるぐらいの人はこのくらいぶっとんでる人なんだなぁと思うぐらい、「大人げない」ファインマンさん。小さなころは当然、大人になってからもいたずらばかり周りの人を驚かせ、「ただ面白そうだから」とひたすら多様なことに興味を持ち、その結果としてノーベル賞まで行きついてしまう。小難しいことなく、ワクワク読める本。

  • ノーベル賞物理学者のR.P.ファインマンの回顧録。実験や物理、人をからかうのが大好きだというファインマンの面白エピソードが凝縮されている。
    示唆的だったのが、プリンストン大学院に在学中に哲学専攻と生物学専攻のゼミに参加し、それぞれの場面で本質を見極めようと「〇〇とは何か?」という質問を行うシーン(105-112頁) ファインマンの質問に対して哲学専攻の学生たちの返答はまちまちで、彼らの間で定義に関しての議論が始まってしまい、生物専攻の学生はまるで答えることが出来ない。ファインマンの目はいつも「たいへん面白そうでいて、しかも誰にも答えられない問題点」を見つけ出そうとしており、彼の学究的視点の普遍性が窺える。
    その他にも、意義を与えられると能力が10倍になる部下の話や、原爆実験の後に考えることをやめてしまった彼自身の話、女の子にモテる話し方などはなかなか楽しめる。

  • 本当に、ご冗談でしょう?っていう軽い口調で思いつくままに話をしたという感じの本。
    結局、ファインマンがなんで物理学賞をとったのかもさっぱりわからなかったし。
    ま、書いてあったとしてもきっと理解できなかっただろうけどね。

    大抵の学者の本は、こんなことをした!やつよりすごかった!という自慢が述べてあるものだが、この本は、学者としての自慢はほとんど無い。(かわりに、芸術もできる!音楽もできる!○○もできる!という自慢はいっぱい^^)小難しい言葉も使われていない。
    きっと彼の教科書が評価されている理由なのだろう。
    レベルに合わせて話ができるすごい人なんだろうと思う。

    ま、基本的には、じいさんの酔っ払い話(といってもファインマンはお酒を飲まないらしいが)に近いものだけれど、ところどころにいい話がちりばめられている。教科書の話やら、ノーベル賞の話やら。
    そして、最後に科学に対する姿勢というのが平易な言葉で書いてあって、わたしはそれにやられてしまった。
    冗談ばっかり言う人がふとまじめな顔をすると女がオチルということなのか?
    ファインマンさんは女好きで、もてたらしいけれど、そういうところがうまいのかな・・・?

  • 改めて読む。面白い!

  • いやはや、このファインマンさんみたいに毎日過ごしてみたらきっととても楽しいだろう。
    見習わなければいけないことがたくさんある。
    こういう偉いひとが書いた話はもっと堅い物かと思っていたが、これは、素朴でふんわりとした「面白さ」があった。
    他のも読んでみよう。

全293件中 1 - 10件を表示

リチャードP.ファインマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
宮部 みゆき
遠藤 周作
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)に関連するまとめ

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)の作品紹介

20世紀アメリカの独創的物理学者が、奇想天外な話題に満ちた自らの体験をユーモアたっぷりに語る。持ち前の探求心と、大のいたずら好きは少年時代から変わらぬまま。大学時代や戦時下の研究所生活でも、周囲はいつもファインマンさんにしてやられる。愉快なエピソードのなかに、科学への真摯な情熱を伝える好読物。

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)の単行本

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)のKindle版

ツイートする