新版 子どもからの自立 (岩波現代文庫)

  • 6人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 伊藤雅子
  • 岩波書店 (2001年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006030377

新版 子どもからの自立 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    「主婦」は女の幸福な人生と見なされる一方、母子ともに社会から切り離されているゆえの病理を抱えてきた。
    この状況に主婦自らが光をあて、子どもを預けて学ぶ条件を築いた実践がある。
    公民館職員として現場に立ち会った著者が、女と子どもそれぞれが成長する契機としての、学習・保育のあり様を語る。
    毎日出版文化賞受賞作をもとにした新編集版。

    [ 目次 ]
    第1部 子どもからの自立(国立市公民館保育室のあゆみ;子どもをあずけて学ぶということ;女と学習を考える視点)
    第2部 赤ちゃんことばの世界(子どもをあずけること・あずかること;現代の母性を考える;幼児的環境;親離れ・子離れ考;赤ちゃんことばの世界)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

新版 子どもからの自立 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

新版 子どもからの自立 (岩波現代文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新版 子どもからの自立 (岩波現代文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新版 子どもからの自立 (岩波現代文庫)の作品紹介

「主婦」は女の幸福な人生と見なされる一方、母子ともに社会から切り離されているゆえの病理を抱えてきた。この状況に主婦自らが光をあて、子どもを預けて学ぶ条件を築いた実践がある。公民館職員として現場に立ち会った著者が、女と子どもそれぞれが成長する契機としての、学習・保育のあり様を語る。毎日出版文化賞受賞作をもとにした新編集版。

新版 子どもからの自立 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする