隔離―故郷を追われたハンセン病者たち (岩波現代文庫)

  • 24人登録
  • 4.17評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 徳永進
  • 岩波書店 (2001年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006030438

隔離―故郷を追われたハンセン病者たち (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全国のハンセン病療養所には、回復者となった今でさえ、故郷と家族を失ったまま、どこにも帰ることのできない人たちが暮らしている。本書は、同郷の元患者を訪ね歩いた著者が、ひとり一人の傷に寄り添い、言葉に尽くせぬ想いを酌み取りながら、それぞれの過酷な境涯を聞き書きし、一冊の本にまとめた好著である。社会から隔離され押し黙るしかなかった人たちの真実の叫びと、なお断ち切れぬ望郷の想いが、読む者の心に響いてやまない。

  •  超絶おもしろかった。こういうのおもしろいとか言うと、また怒られちゃうんだよな。でも、ほんとに。
     ハンセン病で療養所に隔離された人たちへの聞き書きをまとめたもの。著者は鳥取の医師で学生時代から療養所に通い、同郷の人たちに話を聞いてきた。初版は1982年(昭和57年)で、らい予防法廃止(1996年)より前。登場する人たちが隔離されたのは昭和初期から20年台後半にかけて。当事者の話をまとめて読んだのはこれが初めてだ。実際に何があったのか、そのとき当事者はどう思ったのか、そういうことがわかる。もちろん、わからないことのほうがずっと多いし、自分が何を知らないのかを知らないということを忘れてはいけないけれど。
     初めて知ったことをまとめると:
    ・無らい県運動が鳥取では昭和12、13年に行われた。
    ・無らい県運動以前にハンセン病は”血筋である”と認識されているケースもあった(運動の中で伝染病であるという啓蒙活動が行われた)。
    ・実力行使を伴って強制隔離されることはあまりなかった(出てくる唯一の例は統合失調症を患っていた人の場合)。
    ・最終的に本人の意志で療養所にいくのがほとんど。
    ・隔離されることで社会での差別的扱いからの開放感も存在し得た。
    ・昭和39年に全国で初めて鳥取県が里帰り運動を実施。
    ・プロミンの登場以降、らい予防法廃止以前にも社会復帰した人がいた。
    などなど。療養所に入ることになるいきさつをいくつも読むと、やはり、その地域で生きて行くことがどうしても難しくて療養所に行かざるを得ない、ということを本人も納得して行くのが多いみたい。それだけ、周りの人が持っている忌避感・嫌悪感というのがすごかったんだろうな。それが、病気が治ってもなお続くというのは、もう理屈ではなくて生理的な、というレベルなんだろう。理屈では分かるけど納得・安心できないから、というやつ。放射能と同じ。
     あとがきで著者は国の施策(らい予防法)と人々の無関心が元患者の帰還を妨げている、と書いている。確かに元患者の存在は私たちから隠されていて、努めなければ知る機会がないけれど、彼らが私たちの前に立ち現れたとき、私たちが彼らの存在を現実のものとして知ったとき、私たちが無関係ではいられなくなったとき、私たちはなんの障害もなく彼らを迎え入れることができるんだろうか。この本を読んでも決して知ることのできなかったもの、そのうちのひとつは、彼らが今どんな姿かたちでいるかということ。
     ひとの中に必ずあるみにくい心を、自分で認めること。そして、それと向き合うことで、はじめて私たちは彼らを迎えることができるんじゃないだろうか。私たちの無関心は、彼らに対するものではなくて、彼らが私たちに突きつける問いに向き合わずにすむようにする方便なんじゃないだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

徳永進の作品

隔離―故郷を追われたハンセン病者たち (岩波現代文庫)はこんな本です

隔離―故郷を追われたハンセン病者たち (岩波現代文庫)の作品紹介

故郷の人々、最も親しい家族にも拒絶されるという悲しみを背負い、病苦と闘うハンセン病者たち。医学生の頃から彼らに深い共感を抱き続けた著者が、長島愛生園など五カ所の療養所を訪ね、同郷の元患者一人ひとりの話を聞く。「故郷が同じならなつかしい…」と半世紀の沈黙を破り語られた、「終生強制隔離」の隠された真実。

隔離―故郷を追われたハンセン病者たち (岩波現代文庫)の単行本

ツイートする