考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡 (岩波現代文庫)

  • 22人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 内橋克人
  • 岩波書店 (2002年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006030698

考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2002年(底本1985年)刊。著者は経済評論家。

     バブル期刊行が本書の叙述スタンスを規定したか。本書は日本のエジソンとも擬すべき樫尾俊雄を含む樫尾四兄弟の評伝(カシオ計算機創業)。
     全く凄いのは、算盤が米国製計算機の間での計算競争に勝ったのに、「計算機は計算スピードで算盤の名人には劣るかも知れないが、素人を易々と『計算』の名人にする」発想転換と「算盤は神経。計算は技術」と計算機の発展性を看破した件だ。
     一方、俊雄の発想を支えた兄忠雄の旋盤技能、三男和男の営業力、四男幸雄の大量生産への応用力も欠かせない。
     さらに、カシオ躍進を支えた現場担当の高い学習姿勢とこれを支え援助した上層部の温情とが歯車をかみ合わせた点も見過ごせない。

     現代では想起しづらいこのような関係性は溜息が出るばかりだ。

  • 「世界に先駆けて...」っていう夢から始まった。大事なことは既存知識だけではどんなに組み合わせてみても、絶対に飛行機は生まれなかったように、知識欲があると却って創造力をなくすという考え方の徹底。

    IC、LSIを魔法の杖として使ってきたエレクトロニクスは進歩する。次にエレクトロニクスはいいものだ、この二つをひたすら信じた。

    第一に現代技術・製品開発戦略の常識に反して、市場調査など行って消費者のニーズをとるといった手法は一切取らない。第二に新製品、新技術を送り出すときにはより良いものをより安くの精神。第三に以上の戦略を展開するに際しては、必ずハイスピード・マネジメントを持って当たること。

    この考え方で「カシオ」を作ったんだってことにびっくりした。多くの会社が消費者動向を気にしマーケティングに血道を上げている中、こんな職人気質的な思想、哲学が存在しているだけでなく、大きく成功している。
    マーケティングを勉強している最中で、正直どっちの考えが正しいのか心が動く。多分どちらもある条件のもとでは正しいのだろう。大切なのはどんな夢、考えも哲学までに昇華させ、物事に当たっていくことなのだろう。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/400603069X
    ── 内橋 克人《考える一族 ~ カシオ四兄弟・先端技術の航跡 20021016 岩波現代文庫》
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19301129
     カシオ四兄弟 ~ 樫尾家の人々 ~
     

  • 四兄弟バランス取れてるなー。

  • 計算機で有名なCASIOは樫尾四兄弟によって設立された。
    小型電卓は世界に誇る日本の商品だと思う。
    東京電機大学の教育理念も立派だ。

全5件中 1 - 5件を表示

考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡 (岩波現代文庫)のその他の作品

内橋克人の作品

考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡 (岩波現代文庫)はこんな本です

考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡 (岩波現代文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡 (岩波現代文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡 (岩波現代文庫)の作品紹介

創造性とは何か、考えるとは何か、困難に立ち向かうとはどのような構えをいうのか-一九五〇年代に無名の町工場で独自に考案された計算機は、後にトランジスターと結合してカシオの電卓を生み、日本の半導体産業を世界的地位に押し上げた。樫尾四兄弟の試行錯誤を克明にたどるノンフィクション。

ツイートする