紙芝居昭和史 (岩波現代文庫)

  • 18人登録
  • 4.20評価
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 加太こうじ
  • 岩波書店 (2004年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006030964

紙芝居昭和史 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なるほど、加太こうじにしか書けない一作だらう
    漫畫の歴史にも關係が深いがいままでよく知らなかつた近接分野のことがわかつて大いに參考になる
    加太こうじは尊大だ! といふ評価も頷けるが、紙芝居に愛情を注ぎ人生を捧げた第一人者であるからこその率直な物言ひはむしろ好感を抱いた

全2件中 1 - 2件を表示

加太こうじの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
ジャレド・ダイア...
ジェイムズ・P・...
リチャード・ドー...
大岡 昇平
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

紙芝居昭和史 (岩波現代文庫)はこんな本です

紙芝居昭和史 (岩波現代文庫)の作品紹介

拍子木が鳴り、町のあちこちから子どもたちが集まってくる。飴を買って、さあ紙芝居の始まり始まり。-戦争を挟む貧しい時代、紙芝居をなりわいとする大人がいて、娯楽を求める子どもがいた。紙芝居作者として二八年、『黄金バット』等を描き、作家たちの中心にいた著者が、その盛衰を愛惜の情を込め記したドキュメント。

ツイートする