同盟漂流〈上〉 (岩波現代文庫)

  • 21人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 船橋洋一
  • 岩波書店 (2006年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031282

同盟漂流〈上〉 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1996年の橋本龍太郎政権時における、普天間飛行場の返還合意の背景を、詳しく追いかけています。

    沖縄少女暴行事件によって沖縄の基地問題の矛盾が厳しく問われる中、橋本首相がアメリカと大田昌秀沖縄県知事の双方と折衝をおこない、外務省と防衛庁の確執を孕みながらも、基地返還に漕ぎ着ける経緯が解説されています。とくに、橋本と大田の「政治家」としての顔が印象的に描き出されているように感じました。

    冷静な筆致で事実を記しており、ルポタージュの名著ではないかと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

船橋洋一の作品

同盟漂流〈上〉 (岩波現代文庫)はこんな本です

同盟漂流〈上〉 (岩波現代文庫)の作品紹介

1996年4月12日、日米首脳が普天間飛行場の返還を合意した背景にはいかなる秘話があったか。冷戦後の日米同盟の危機、とりわけ沖縄基地問題の矛盾が爆発した状況を、日米首脳はいかに打開しようとしていたのか。当事者への徹底した取材と鋭利な歴史感覚で描ききった大河ノンフィクション。

ツイートする