家事の政治学 (岩波現代文庫)

  • 32人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 柏木博
  • 岩波書店 (2015年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032845

家事の政治学 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 軸がふらふらしていて読みにくい。女性、家庭、家政、家庭内労働、政治をふらふらして、一番大きいのは政治のようだが…。家政学がマネジメントの方法論として目指すところよりも、政治的な位置づけにこだわっているようだが、その区分もレッテル貼り的である。
    部屋割を兼用するか分けるかで、アメリカ式モダンとフォードシステムの流れをくむバウハウスが対照的との指摘はヒントになる。

  • 家政学は社会学者を連想しますが、著者は美大教授。
    趣味・興味が高じて・・・という感じはする。
    研究書というのか・・・・。
    家政学というテーマで、知識の披露という感じです。

全2件中 1 - 2件を表示

家事の政治学 (岩波現代文庫)のその他の作品

家事の政治学 単行本 家事の政治学 柏木博
家事の政治学の詳細を見る 単行本 家事の政治学 柏木博

柏木博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

家事の政治学 (岩波現代文庫)はこんな本です

家事の政治学 (岩波現代文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

家事の政治学 (岩波現代文庫)の作品紹介

家事は労働なのか、それとも生活なのか。合理化、普遍化を求めた家事の近代化=「改善」の夢は、急速に規格化・商品化が進んだ社会の軌跡と重なる。家政学者や建築家、政治家たちの言動を読み解き、国家、性差、貧富やさまざまな「権力」と家庭という空間がいかに関わっているかを明らかにした、今なお斬新な社会史であり精神誌である。

ツイートする