ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)

  • 90人登録
  • 4.31評価
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 三浦 みどり 
  • 岩波書店 (2016年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032968

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これが戦争か、とひしひし感じる
    平和に暮らしていたある日開戦し、わけもわからぬまま
    逃げ出し、場合によっては捕まり、銃殺され
    理不尽な非日常が日常になっていく

    子供の目線でのことなので
    誇張もなにもなく、あったことをそのまま
    ありのままに淡々と書かれているので
    本当にこれが戦争なのだ、と思える一冊
    語り継ぐべき記憶が埋もれず本になってくれたことに感謝

    この作者さんの他の作品も読んでみたいと思いました

  • たかがインタビューとは思えない。
    聴くこと、聞き出すことの難しさ。
    語られることだけで大きな感動があります。

  •  はじめに、の次2行文でやられました。これは刺激的な内容の様です。
     世界は今も戦争している。戦争は歴史上途切れることなく続いている。
     1941年ナチスドイツの侵略をうけたソ連白ロシア(ベラルーシ)で子供たちの証言を一つ一つ拾い上げたこの本。
     何とも言えない。歴史の教科書をもっているがこの事実は一行も書かれていない。それはなぜか。戦争は日常であり、歴史の転換点でしか取り上げられないからだ。日常の中にどれだけの犠牲があるかを考えさせられた一冊。

  • この著者の著作からいつも受け取るのは、とてもパーソナルなメッセージ。「弱者」や「子ども」ってヒトはいない。サーシャの、ミハイルの、ユーリの声に耳を傾けよ。

  • 2016.03.23
    ノーベル賞作家アレクシェーヴィチ『ボタン穴から見た戦争』読了。ナチスに侵攻された白ロシア(ベラルーシ)の当時の子供達101人の証言。あまりの残酷さに何度も中断した。そんな状況下での人間の優しさに何度も涙。読書中の電車でも涙。前も言ったが彼女がノーベル賞で選ばれた意義は大きいと思う

  • 今もシリアの難民たち、そのなかでやはり多くの子供たちが死んでいる状況が続いている。地球から戦火が消えない日は来ないのであろうか。なんの罪もない子供や老人が安心して暮らしていける世の中はおとずれないのであろうか。生き残った子供たちは凄まじいPTSDに苦しめられたに違いない。それを想うと暗澹たる気持ちに陥る。

  • アレクシェーヴィチの姿勢は一貫している。「小さな声」を丹念に拾い、彼女のフィルターを通すことで純化する。
    本書では、戦争の時は子供だった人たちに、孫がいる年齢になって思い出を語ってもらっている。この作業は大変だっただろうが、その結果、当時3歳など記憶がおぼつかないのではという年齢だからこそ年月を経ても消えない鮮烈なイメージが蘇ることもある。
    戦争や原発事故の当事者であった人々が、残酷な体験を語ることがいかに大変か、何年経とうとも口を開くのがどれほど勇気がいることか…彼らの痛みに胸をえぐられる。

  • 「ПОСЛЕДНИЕ СВИДЕТЕЛИ」の翻訳(2016/02/16発行)。

全9件中 1 - 9件を表示

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)のその他の作品

ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言 単行本 ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル ウエル...
エラ・フランシス...
遠藤 周作
ピエール ルメー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)に関連する談話室の質問

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)の作品紹介

一九四一年にナチス・ドイツの侵攻を受けたソ連白ロシア(ベラルーシ)では数百の村々で村人が納屋に閉じ込められ焼き殺された。約四十年後、当時十五歳以下の子供だった一〇一人に、戦争の記憶がどう刻まれているかをインタビューした戦争証言集。従軍女性の声を集めた『戦争は女の顔をしていない』に続く、ノーベル文学賞作家の代表作。

ツイートする