イセングリムの夜警 2 (朝日コミックス)

  • 65人登録
  • 3.58評価
    • (3)
    • (9)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 紫堂恭子
  • 朝日新聞出版 (2013年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141149

イセングリムの夜警 2 (朝日コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  とても紫堂先生らしい話で嬉しくなりました〜♪
     ファンタジーで〜、妖魔で〜、辺境の村で〜、ちょっと過去に何かあった訳ありな人。
     3巻以降から出版社が変わるそうですが、続きが読めるならそれで嬉しいです。

  • お見合い、そして結婚。その前に猫の怨みでとんでもないことになる雰囲気が満々で、颯爽と助けるのは彼しかいないとは思うけど、結婚相手が猫に殺されるような気もして、猫の怨みはこの物語を一気に暗い方向に持って行きそうで怖いなぁ

  • 異世界の遠野物語の2巻目。
    アメリアが不思議なことを体験して、ヴォルフとドタバタ解決してくってお話だと思ってたけど、ちょっと違うみたい。

    何だか面倒な人間関係も絡んできてどうなることやら。

    とか思ってたら、またしても掲載誌の変更のお知らせが!
    …頼むよ、出版社変わると新刊追うの大変なんだよー。

  • 辺境警備を彷彿とさせるシリーズ!なので
    久々に紫堂恭子作品を手にしましたが、
    続刊は別の出版社だそうで。

    もしかして新装版とかまた出るパターンでしょうか?うーん。

  • ちょっとまて、ここで他社に振るってそれはどうよ!

    と、言いたくなる終わり方の2巻。
    というか、出版の事情ってどうなっているんだろう。他社に移ってしまわれると、また装丁を新たにして出しなおして、そこにまたおまけ話なんぞが付こうものなら・・・購読者を泣かせないでほしいわ。

    さて、アメリアの恋の話…というか、婚約の話。
    紫堂さんの話って、あまり恋愛色は強くないと思うのですが、これはある意味無邪気というか、かなり打算というか(笑)
    でも田舎ってこんな感じですよね。婚約者の影が薄すぎて(母親は強すぎる)悲しいぐらいだ。でも、婚約者(ディーン)は案外よい青年なんだろうか? そのあたり、薄すぎてまったくわからない。
    だけどいろいろ、これからか。

    作者の得意分野というか、食べ物の話はたいへん生き生きしていると思います。

  • ここで出版社大移動はキツいです。

  • つぎの巻から発売元が変わるそうです。
    この「イセングリム」は紫堂さんのちょっと懐かしいスタイルのお話で楽しみにしているのですが、無事続いてくれるといいなあ。
    お話はいつの間にか主人公アメリアの婚活話になっています。
    彼女のつくるごはんが美味しそうで…私こそお嫁にほしいです。

  • 出版業界どうなってんだろうねぇ。自分は買ってるし、もっとマイナーな本もあるだろうに、なぜ?

  • 1巻のまま不思議現象話でいくと思ったら、結婚話が全面に。なんでや。

  • 紫堂さんの作品はデビューの『辺境警備」から全作品読んでいる(ハズ)。
    自然が美しく、反面、恐ろしい。善良な人々。平和な村に隣接する黒い森。その森を警備する謎の男。孤児であるが故に地に根付いた生活を望む娘。
    今回はヒロインの結婚話。お見合いが3つも飛び込み、一人の男性を選ぶけれど、本人は気付いていませんが削除法で選んでるよね?
    次巻からは出版社が変わるということで、この人の作品ではめずらしいことじゃないんだけど、スムーズに発巻されることを節に望みます。(エンジェリックゲームは未完だし・涙)

全11件中 1 - 10件を表示

紫堂恭子の作品

イセングリムの夜警 2 (朝日コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イセングリムの夜警 2 (朝日コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする