女たちの内戦

  • 175人登録
  • 3.06評価
    • (5)
    • (14)
    • (62)
    • (10)
    • (4)
  • 39レビュー
著者 : 桂望実
  • 朝日新聞社 (2007年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022503435

女たちの内戦の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 29歳、34歳、39歳、そして45歳。
    内なる敵と戦う女性たちの連作短編集。

    実は、最初からドン引きでした。
    何これ、人として好きじゃないタイプ!と、29歳真樹の話を読んで思いました。どんなに顔が綺麗だって、性格に問題あるよ!やな女ー!と若干イライラ。
    だって、男性を見るものさしが「自分の理想的な結婚相手かどうか」のみだし、自分への評価はすごく高いから半ば上から目線だし・・・人としてどうなの?と。

    続けて読み進める女性たちも、いわゆる、どこかに実在しそうなタイプ。
    出産を終えて新たな自分探し期にある34歳、惰性で生きてきた結果がキャリアアップだった独身39歳、全てをかけた自分の店が崖っぷちにある45歳。
    桂さんはステレオタイプを前面に出すのが得意な方なのかも。
    ○歳でこんな状態だったら、こんな風に思ってそうだよね、という。
    「県庁の星」だって、公務員って、こういう感じでしょ?というステレオタイプを上手くついていた。そして最後で、「でもね」という感じでそのステレオタイプを壊す。今回もそうでした。

    連作小説すべてに登場する足裏マッサージの舞子が、「人は年齢などで簡単にカテゴライズされるものじゃなくて、その人が歩んできた歴史によって象られてるんだよね」という言葉を口にするのですが、それがすっと心に入ってきました。

    書きたかったのはここか、と、それまでの共感できないけれど実在しそうな女性たちへの目線が変わりました。誰に対しても共感できないし、ちょっと嫌な気持ちすら抱いてしまうのはある種の同族嫌悪だったのかもしれないとすら思いました。
    「女」という括りで、いつかは辿る道と思えるものに対する。

    タイトルの「女たちの内戦」というのも秀逸ですよね。
    多様な生き方が存在している「女性」の戦う場所は実は外にあるわけではなく、自分自身の中にこそある。
    ここに描かれているのは共通して、自分と向き合わずに生きてきた女性だと気付かされます。
    自分と向き合って初めて前に進める。佳乃のように。

  • 葛藤する女たち。

    29歳の真樹、20代最後の年で仕事のピンチと彼氏なしの独身状態に焦る日々。

    34歳の佳乃、子育てがなんとなく落ち着いた今、やりたいこともなく何をしたらいいのか途方にくれる日々。

    39歳のめぐみ、独身のままキャリアだけが自然と身について行く矢先に、年下の彼にプロポーズされて結婚に積極的になれない日々。

    45歳の治子、家庭も子供も投げ出して、仕事に身を捧げた先に待っていた経営難に悩む日々。

    年齢と境遇に応じて、女の思いは様々。
    仕事を優先したい女もいれば、家庭に入って専業主婦したい女だっているし。

    生き方は、様々ね。。。

  • 女性にふりかかる様々な問題に、4人の女性が立ち向かう短編集。


    三十歳を控えて結婚に焦る二十九歳の真樹。

    家事と子育てに忙しいが、周囲がイキイキと仕事や趣味をしていることで自分の生活に疑問を持つ三十四歳の佳乃。

    仕事に追われ、結婚や子供を持たずに来て、一人で有ることに慣れてしまった三十九歳のめぐみ。

    離婚し二人の子供と離れ、ブティックを経営するも、資金繰りに悩み、元夫や元彼に金の工面を頼もうとする四十五歳の治子。


    結婚に奮闘する真樹の話は痛すぎて、読むの止めようかと思った…。


    全話に出てくるマッサージ店の舞子さんの言葉が様々な生活をしていても、それぞれの幸せがあることに気づかせてくれる。
    「・・・仕事をしていると、たくさんの人に愛されなくちゃダメなんです。上司や同僚やお客さんから、愛されなくてはいけませんからね。愛されたいなら、同じか、それ以上の愛を注がなくてはいけない。それって結構しんどいです。一人の人からの愛だけで充分って思えたらーー思える環境なら、それも、とっても素敵な生き方だと思いますよ。」

  • 結婚と子育てとキャリアにまつわる女性の物語短編集。
    主人公たちのものの見方が面白くするする読めた。

    全体にきれいにまとまりすぎてりかなとは思うが。

    そして主人公たちはみんな美人。
    その設定ちょっと邪魔。

  • 図書館にて借りました。

    29歳、34歳、39歳、45歳の女性たちの戦いを描いた作品。

    何と「戦う」の?勿論ライバル達!
    でも、やっぱり自分との戦い。

    どの話もとっても共感。
    29歳の女性なんて、頑張れ!と肩を叩きたくなった。
    力いっぱい頑張る女性たちを応援します。

    そして私も頑張るぞ~!

  • 特に印象に残らない・・・
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/10924556.html

  • 2013/04/23
    移動中

  • 29歳、34歳、39歳、45歳。

    それぞれの年代の女性の気持ちが描かれています。
    それぞれに共感できる感じで読めました。

    いろんな生き方があっておもしろいですね。

  • 「女子力が低い!」と、先輩と話して落ち込んでいた時に図書館で見つけた一冊。29歳、34歳、39歳、45歳の様々な生き方をしてきた女性の心のうちが描かれてます。
    自分はどうありたいのか、そろそろ考えなきゃな~と思うと同時に、思い通りに行かないこともあるよね♪と、肩肘張らずに、カッコいい女性として過ごせるようにもありたいと思える一冊でした。
    理想の女性像を見つけて、納得できる自分になれるように頑張るぞー!!

  • 反面教師のような、共感できるような。

全39件中 1 - 10件を表示

桂望実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

女たちの内戦はこんな本です

女たちの内戦を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女たちの内戦を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女たちの内戦を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする