野中広務 権力の興亡 90年代の証言

  • 14人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 五百旗頭 真  伊藤 元重  薬師寺 克行 
  • 朝日新聞社 (2008年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022504142

野中広務 権力の興亡 90年代の証言の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 野中さんが国会議員になったのは57歳。1983年。
    恩義を受けた田中さんのところでスタートしたかった。
    ODAについてはすべて中曽根派の議員のところに辿りついた。
    オウムはラーメン屋の冷蔵庫にサリンを貯めて首都転覆を謀ろうとしていた。
    北朝鮮に対しては厳しい態度で接した。
    野中氏は、戦う政治家、魂の政治家;というべき個性の持ち主だった。人情は人一倍強く人の哀れにも偉大さにも涙することができる。
    57歳から議員になってそこから上り詰めるのは見習いたい。

  • 20081209
    深く突っ込んだ話は無い。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする