天使のとき

  • 40人登録
  • 2.77評価
    • (0)
    • (3)
    • (12)
    • (6)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 佐野洋子
  • 朝日新聞出版 (2008年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022504517

天使のときの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐野洋子というひとの、骨太でタフな感性は好きだ。
    骨太でタフと書くと、何事にも動じない、揺るがない人というイメージを持ちがちだが、
    この人は、しっかり揺るぐし、泣きも怒りもする。そして多分深く傷つきも・・・。
    だけど、この人の泣き方はめそめそではなく、うぉーんうぉーんだろう。
    怒り方もふつふつではなく、ぐらぐらだし、どかーんだろう。
    佐野さんの本を読んでいると、そんな気がする。
    この人は潔いのだ、そして逃げないのだ。
    傷を隠すのではなく、傷を秘めて、二本の足でどっしり立つ。
    そんな人間だという気がする。

    そして、そこに憧れる。

    「天使のとき」は、兄妹の話しなのに、エロくてグロい。
    そこに出てくるチチハハへの描写も辛辣だ。
    コドモから見た親というのが必ずしも尊敬と信頼の対象でないという
    複雑な関係性がきっちりと描かれている。

    だけど、コドモは逃げない。佐野洋子も逃げない。
    あたたかい愛には包まれてはいないけど、これも家族のお話だ。

  • 兄や父母への思い。
    強い意志を持った子どもだった著者。

  • 2014 9/6

  • 佐野さんの他のエッセイを読んでいたので理解はできる。でも、またまた強烈である。
    でも、絵に描いたような幸せなファミリーばかりではない。こういう「どーん!」とした本も必要。

  • ここまでの感性は判らないというのが正直な話。

  • 洒脱なエッセーとは違って、これまたシュールな家族の物語。
    すっ飛んだ表現が、佐野さんらしい作品。

  • 親から学ぶものは大きい。生を受けた時から死の瞬間まで、自分を形成する概要を受け継ぐ。子供時代は残酷でありえるから、自分の親でさえ、生きているのに死んだことにすることはできうる。僕の一番古い記憶が、曾祖母の死の瞬間なので、死を望んでいたと思われるこの物語は強烈に心に残った。たぶん当分この本を再度読み返すことはないだろう。

  • 『シズコさん』につながるハハとの葛藤、アニとの至福の時間。誕生から死へとぐるっとまわる命の物語。チチはハハにのしかかり、ハハは私を憎み、私はアニとたわむれる。家族のシュールな物語を描く、幻の名作、遂に刊行。エッチング12葉付き。

  • 感性で読むのがいちばんよろしい。

全10件中 1 - 10件を表示

佐野洋子の作品

天使のときはこんな本です

ツイートする