メロンの丸かじり 丸かじりシリーズ29

  • 38人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (7)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 朝日新聞出版 (2008年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022505149

メロンの丸かじり 丸かじりシリーズ29の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 丸かじりシリーズその29。
    インスタントラーメンのお店は面白いなぁと思いました。インスタントでも具を盛れば結構立派なラーメンになるもんなぁ。世界各地のインスタントラーメンが食べられるなんて、ちょっと行ってみたいかも。
    存在理由が分からないと散々な言われようの厚揚げですが、我が家では鉄板焼きに欠かせない存在です。自信を持って厚揚げ!
    ラストが生姜焼きだったので、今猛烈に生姜焼きが食べたいです。
    東海林さんの描くおっさんおばさんは憎たらしいくらいいい表情するなぁ。

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)

    宮崎からの刺客、マンゴーの出現にメロンはどう立ち向かうか。ビールをお燗、冷やし中華電子レンジ調理法…。ニッポンを覆う閉塞感を打ち破る何かがここにある。

    カラッポのピーマンも笑ったけど枝豆は斬新。そしてちゃんと作ってくれるインスタントラーメンみせってカルチャーショックでした。

  • シリーズ29冊目☆メロン食べたい(*´д`*)甘いの食べたい。親子丼の話のトロフワでゆやーんゆよーんの中也状態に笑った。親子丼もなかなか作らないなぁ。

  • 丸かじりシリーズ29~独活から始まって豚の生姜焼きまで~読後に表題のメロンは思い出す。クリスピー・クリーム・ドーナッツも。後は,エノキダケ・メガマック・親子丼・アスパラガス・セロリ・ラーメン屋の仕草・熱燗ビール・冷やしキツネ・もろきゅー

  • 週刊誌連載のためか、時事ネタがちょこまか入っているな。

  • なぜか昔、実家にやたらと揃っていた「丸かじり」シリーズ。
    久しぶりに読んだら、昔のと全く変わっていないテイストでほのぼのした。

    読むと食べたくなるのも以前と変わらず。
    韓国のりを食べた後には、こっそり唇をなめてみた。
    美味、美味。

    ちょうど自分が読んでいるのと同じ頃
    電車のホームで若い兄ちゃんが同じ本を読んでいて
    なんだか嬉しくなった。

  • 丸かじりシリーズの、コレは29冊目
    長いよねぇ(笑)
    よくネタを思いつくなぁって、毎回毎回感心しちゃいます
    いつも、どれも美味しそうなんだけど
    「冷やし中華を温める」
    これは衝撃でした!
    やってみたいような、怖いような。。。(笑)

  • えのきだけは他のキノコと違って代表料理もなく、数で勝負する…なんていう話が面白かった。確かにエノキを買う時に、あ、お買い得になってると思って手にとってみると、量の少ないパックだったりしてガッカリすることがあるもんね^m^

  • 東海林さだおの名前は知っていたけど、本を読んだことが無かった。
    誰かの本でこの人を尊敬しているって書いてあったような気がして気になり手にとってみた次第。
    パラパラめくると読みやすそうだし通勤にはぴったりかなと。
    最近流行のアウトプットに長けているんだろうな。思っていること、小さなこと、をどんどん膨らまして書いている感じ。
    まぁ、作家は誰でもそうなのかも知れないけど。
    ●もろきゅうには風格がある。
    ★きゅうり揉みとの比較が面白いな。常日頃こうゆう視点でものを見てみたいと思った。

全9件中 1 - 9件を表示

東海林さだおの作品

メロンの丸かじり 丸かじりシリーズ29はこんな本です

メロンの丸かじり 丸かじりシリーズ29を本棚に「読みたい」で登録しているひと

メロンの丸かじり 丸かじりシリーズ29を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メロンの丸かじり 丸かじりシリーズ29を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする