三毛猫ホームズとオペラに行こう!

  • 24人登録
  • 3.36評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 朝日新聞出版 (2009年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022505569

三毛猫ホームズとオペラに行こう!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり高尚さは拭えない。素人と言っても十分浸かっていますよ。

  • 赤川さんが本の中で上げた方のほどんどがわからない初心者だけど、生のオペラを見に行きたくなりました。

  • 赤川次郎の作品は、映画の台本というような造りになっている。
    そのため映画を語りはじめたら止まらないらしい。

    オペラについても、映画の対比での話もでてくる。
    主なオペラの題材は以下の通り。
    驚く事に、半分以上が見たことがある作品だ。
    有名どころは押さえているという感じだ。

    蝶々夫人
    道化師
    衣装をつけろ
    カルメン
    トスカ
    1981年10月ミラノスカラ座
    椿姫
    リゴレット
    ボエーム
    トゥーランドット
    ホフマン物語
    死の都
    セヴィリアの理髪師
    シモンボッカネグラ
    オテロ
    マクベス
    ドジョバンニ
    魔笛
    ばらの騎士
    ルチア
    ランスへの旅
    トロヴァトーレ
    フィガロ
    こうもり
    愛の妙薬
    メリーウィドウ
    チャルダッシュの女王
    フィデリオ
    真夏の世の夢
    天国と地獄
    ボカッチオ
    人知れぬ涙
    フェデリコの嘆き

全3件中 1 - 3件を表示

赤川次郎の作品

三毛猫ホームズとオペラに行こう!はこんな本です

三毛猫ホームズとオペラに行こう!の作品紹介

「蝶々夫人」「椿姫」「セヴィリアの理髪師」…一九八一年ミラノ・スカラ座の来日公演との「運命の出会い」により、すっかりオペラの虜となったアカガワ先生、暇さえあればウィーン、ミラノと飛んでいき、家に帰ればDVDでほっと一息。いつの間にかあなたも魅力にとりつかれるはず。初心者でも楽しめます!赤川流オペラの楽しみ方が満載、愛に溢れたエッセイ集。

ツイートする