小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小沢昭一
  • 朝日新聞出版 (2011年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022505699

小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 海軍兵学校の生徒だった小沢昭一さん(1929.4.6~2012.12.10 享年83)の「僕のハーモニカ昭和史」、2011.2発行です。戦前は「愛国行進曲」「同期の桜」「歩兵の本領」「ああ紅の血は燃ゆる」・・・、朝から晩まで死ね死ね尽くし。教育の力は恐ろしいものと。戦後、人間の命は何よりも尊いものだと。年よりは「平和のため」「愛国」が始まると恐いと思う。軍事大国、経済大国などの「大国」も性に合わない。著者は「せまいながらも楽しい我が家」が一番好きとのことです!確かに、そうですね(^-^)

  • 2011年2月28日初、並、帯付
    2013年8月11日松阪BF。

  • ラジオで聴く『小沢昭一の小沢昭一的こころ』を読んでいるようで、快い1冊であった。

全3件中 1 - 3件を表示

小沢昭一の作品

小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史はこんな本です

小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史の作品紹介

初めてヒロシマ体験を語り、感動の涙を誘った最後の公演。昭和に生まれ、戦争を乗り越え、昭和を目一杯生きた男が、"僕の昭和史"をつぶやき、昭和の歌をうたう。全国で123回満員にした名物公演、待望の単行本化!『徹子の部屋』で語り合った戦争体験も収録。

ツイートする