極北クレイマー

  • 2625人登録
  • 3.37評価
    • (84)
    • (385)
    • (580)
    • (90)
    • (18)
  • 391レビュー
著者 : 海堂尊
  • 朝日新聞出版 (2009年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022505712

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

極北クレイマーの感想・レビュー・書評

  • 海堂さんの最新作。今回は地方医療をテーマとしたノンミステリ。モデルはおそらく夕張市。財政破綻した都市の病院の現実を描きたかったんだろうな~ってのが伝わる。その点においては評価したい。
    が、中途半端!帯には姫宮が活躍するように書いておきながら、姫宮が出てくるのは真ん中の一部のみ。しかし一番面白いのはそこからだからねー…尻切れトンボ。
    ラストもなじみのキャラらしい人物が出てくるけど、その人を知らん人間からすれば「病院の再建は大丈夫なんですかー?」って感じのラスト。

  • 医療問題をテーマにした話だが小難しくなく読み始めると半日ほどで読み終える。

    主人公の今中医師が大赤字で破たんしそうな極北市民病院に転任したところから話は始まる。
    「螺鈿迷宮」「アリアドネの弾丸」にもでてくるお嬢さゆりと氷姫姫宮が出てきて通しで読んでいるとおっと思ってしまう。

    地方医療の抱える問題点と医療の行政とのかかわり方をふむふむと思いながら読み進めることができる。
    海堂氏は実際に医師なので自分が医療の現場で感じている問題点を起因するために小説という手法を用意ているのだろう。
    普段、医療・病院と程遠い所にいる私には興味深く読み進めることのできる作家である。

    はめられた医療事故もどきによって三枝医師が逮捕されたまま最後にさっそうと世良が登場したで場面で終了してしまっていたが昨年末に続編が出たらしい。
    将軍速水も出てくるようで読むのが楽しみだ。
    ただ、世良が「ブラックペアン1988」の頼りないイメージがあったのでキャラクターに少しびっくりした。
    あとは、市長が倒れるところがちょいと唐突だったかな~。

    海堂氏は各小説の中に伏線を張りまくるのでこの人はアレに出てきたとかここでつながるのかとかそういうのが面白い。
    次回作への含みを残し終わることが多いので単品で読むとすっきりしないかもしれない。
    私はハマったほうなので次回作が楽しみだ。
    ただ、たぶん小説との相違点が気になって楽しめそうにないのでTVシリーズは見ていない。

  • 【内容】
    北海道の架空の公立病院を舞台に、地方自治体の破たんとそれに関連する公立病院の実像を、この病院に赴任してきたばかりの医師今中の目を通して描く。
    公立病院に赴任してきた今中は、看護師や事務長等のモラルの低さに愕然としてしながら、徐々に病院の改善に取り組もうとするが、改善は一向に進まない。
    【得たもの?やってみること】
    ・公立病院の実態(デフォルメしているかもしれないが)
    ・医者といえども、仕事として医師をしているだけ。

    【感想】
    北海道が舞台ということで、実際に破たんした、地方自治体もあり、ここでは、このようなことがおこったのかというのが想像できて、興味深い。
    但し、話としては中途半端は部分で終わってしまっていて、決着がついていない。
    ハッピーエンドとはいかないまでも、医療事故死の件には、なんらかの決着をつけて終わってほしかった。

  • 36
    海堂尊これから読もうと思った。

  • 今中が、地域医療と関わっていく物語。海藤先生の相変わらずのキャラクター描写がすごい。
    だがその一方で、病院のことについてはあまりよく触れられなかった。
    ごたごたしていて、あんまり面白く感じなかった。地味かな。

  • 地方病院…ここまでヒドイのはないと思うけど、読んでてイライラした(笑)

    ここから挽回できんのかねー?

  • 極北市民病院に派遣された非常勤医師・今中。
    問題山積みの医療現場で彼が目にするものとは…

  • どんな仕事も平凡であり、神聖でもあり。それは地域医療も一緒。事件の後、わずかながら改善の空気がうまれるシーン。医療従事者としての責任を一身に背負う者と、一瞬だけ見せる者。
    ヘルスケア業界で働く自分たちの役割、なんかについても少し思いを巡らせることになりました。

  • 読みやすくおもしろかった。
    次作へ続く…的な終わり方が残念。
    ここ何作かが、地域医療や医療行政への問題提起的な内容が多く感じるが、今後はどうなるのか?
    よりエンターテイメントとして楽しませて欲しい。

  • 『極北ラプソディ』を先に読んじゃった!
    こっちから読んでりゃもっと楽しめたのに。

  • 三枝先生やるせないですね。ちょっと中途半端に感じる。

  • 財政難の極北市民病院に赴任した今中ドクターの物語。

    病院の意識改革。
    亡くなった妊婦の訴訟問題。
    あと、皮膚科医・姫宮登場・・・

    快調に読み進められる内容だけど、結末としては中途半端。
    『極北ラプソティ』読まざるを得ない。

  • 大野事件や地方(夕張?)が下地になっているのか。
    大野事件の方がどこまでデフォルメでどこからが事実なのか分からないが、やはりやるせない気持ちになる。

  • イノセントゲリラの祝祭で出てきた、「北」の話。医療と司法の主権争いは、こんな地方をも巻き込む。虚しい。

    財政難に医療訴訟に遭遇する極北市の市民病院。
    医療を施してもらうのが当たり前という意識の市民。人事を尽くしても起こってしまう悲しい結果に対して、医療ミスを連発する市民意識と煽るマスコミ。
    これらに対する、作者のやるせなさを感じる。

  • 弛んだ病院の話。今中はよくこの空気に毒されなかったなと思う。
    さやかの青さがまぶしかった。みんな馬鹿ばっかりと思う時は誰にでもあるけど、そうやって馬鹿にしていること自体青い証拠だと思う。その馬鹿にいつか彼女が救われるかもしれない。
    並木の信念が眩しかった。一番大事なものを見失わない感じいいね。
    南雲気になりますな。

  • 中途半端な終わり方、でした… 他作品や続編を読まないと感想も難しいかなと

  • 財政難に陥った北海道のとある市民病院を舞台にしたお話。これが地域医療、公立病院の現実。。最後の村上智彦先生の解説も大変興味深かった。産婦人科医の清川先生の、我々医師だって人間なんです、という台詞、どろりとしたジレンマの沼に足を突っ込んだような、ぐさりと刺さる言葉でした。

  • 地域医療の現実をみせられた

  • 話しが完結していないので、つぎの作品を読まないと...
    2014/4

  • 序章のような1冊。そんな中でも、ふわっとやってきて、ドカーンッと姫宮が極北市民病院を嵐のようにゆすぶって去ってゆく所と世良の登場が大きなストーリーのうねりの中では大きな意味をもちそうです。
    かといって、その仕込みのタネがこういうことだったのか?!的なサプライズはこの後に分かると言う感じで、ワクワク感高揚のために必要な読書時間だったのかなと思うとちょっと不完全燃焼です。
    いまの世の中、国も医療も介護も・・・先行き不安感でいっぱいです。そんな恐怖が先取りして現実化してしまった場合を読んでしまった、そんな感じでおしりがソワソワ、不安感が満載かも。
    このタイトルにもある、クレイマーということば。
    言わなくちゃ損をする!確かにそう言う面もあると思います。けれども、ちゃんと話し合いをするところをすっとばして権利を主張し、相手をふみにじって何かをふんだくる、そんな風な荒んだ気持ちが、クレイムということばで正当化されて表に平気でだしてしまうのではなく、ガマンと感じるようなことも、そのなかで幸せと思えるような所を探せるようなそんな生き方を模索したいと改めて思いました。苦しい世相だからこそ、お互いに誰かと手をさしのべあえるようなそんな優しい気持ちをもてるようにがんばってゆきたいです。

  • 続編への布石なんだろうなぁ。
    どうしようもないほどの人ばかりがクローズアップして描かれて
    最後には一掃され、ヒーロー登場で終わる。さてここから、っていうところで。

    ブラックペアンからのヒーローの成長ぶりに驚き。ぺいぺいの研修医だった頃が懐かしい。


    姫宮さんがスパイスになっていたのが面白かったかな。

  • ■ 1411.
    <読破期間>
    2014/2/5~2014/2/8

  • 地方医療が崩れていく様子が描かれているのと同時に、ふと、祖母が入院した時、地方の病院に行った時のことを思い出す。あの時の臭いは今でも忘れられない。
    少しずつ、病院の体制が崩れていく姿が何とも言えなかった。
    病院が再生する物語があるのならば読みたい。
    少し違うが、『プラチナタウン』(楡修平)なども介護問題・地方医療問題を扱っているので読むと面白いかもしれない。

全391件中 1 - 25件を表示

極北クレイマーに関連する談話室の質問

極北クレイマーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

極北クレイマーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

極北クレイマーを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする