f植物園の巣穴

  • 1300人登録
  • 3.57評価
    • (87)
    • (188)
    • (208)
    • (42)
    • (8)
  • 239レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 朝日新聞出版 (2009年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022505880

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

f植物園の巣穴の感想・レビュー・書評

  • 最近のミイラ研究で明らかになったのは、古代エジプトの歴代ファラオの死因(この場合は病死)の中で当時の病死で一番多いのが「虫歯」や「歯周病」がもとになって引き起こされる「敗血症」であったという。それほどまでに歯は重要な器官らしい。

    歯痛に悩む植物園の園丁、佐田はある日巣穴に落ちてしまう。そこは異界への入り口だった・・・。人と動物が楽しく語りあい、植物が繁茂し、過去と現在が入り交じった世界で、佐田はゆっくり記憶を掘り起こしてゆく。

    歯科医の「家内」である犬、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。

    妊娠4ヶ月で儚くなってしまった妻の千代や、ねえやの千代の思い出、子供に戻ってしまった身体で辿る記憶の旅。

    混乱と戸惑い。どこまでが現実でどこからがそうでないのか、境目が分からなくなる。川上弘美さんの作品にもこの雰囲気、あるなぁ。

    最後、オシリス神のように復活を遂げる千代。佐田も再生されたのかもしれぬ。

  • 最初から不思議な話だった。現実なのか幻なのか分からないような世界。そのまま話はどんどん進み、過去に立ち返り忘れていた事を思い出したり、大事な物を見つけていく。
    ずっと、掴み所のない話だと思いながら読んでいたが、読み終わった時に「あぁ、良い話だった」と心から思えた。

  • 前半のあの独特な雰囲気にはまれなくて。
    だいたいイメージしてその作品に入り込むのだけど、まったくイメージできなかった。
    難しい言葉が多かったので、私の読解力が足りなかったのだろう。
    ところが、坊が出てきた後半部分からは、すごくのめり込んで、1日で読み切ってしまった。
    坊の正体とかあまり深く考えていなくて、わかった時にはただ素直に感動した。
    そして坊に名前を付けてあげたところでは、坊の嬉しそうな顔が浮かんで少しウルッときて。
    お別れする時には切なくて…。とにかく不思議な本だった。

  • 不思議な物語。
    植物園に勤める男が、ある日「隠り江」に迷い込み、生まれてこなかった息子と、ねえやの千代や妻の千代という「千代」の記憶を取り戻していく。

    ぐるぐると取り込まれるようで、一気に読みました。
    時代的には昭和初期位?その時代が好きなので、どっぷりつかってしまった感じですね。

    最後に妻のもとに帰れてよかったです。
    千代さんかわいい人ですね。

  • 古風な言い回しの文体は嫌いではないしむしろ好きなのだけど、夢と現が奇妙に交錯する展開が何故か非常に眠く感じられてなかなか読み進めることができなかった。でも、坊の正体が分かった途端なんだかすごく切なくも温かい気持ちに。なかなか良いお話しだったなぁ、と^^ できればジ○リあたりの映像作品として見てみたいですね。

  • しくしくとした歯の痛みに耐えかねて、ついに歯医者を訪れたその時から、植物園に園丁として勤める「私」の世界はどんどんと位相がずれていくようである。歯科医の「家内」や下宿屋の家主はどうも犬や鶏に見えるようであるし、時間と季節が噛み合わぬ。まるで、自分の歯にぽっかりと空いたうろの中に、自分自身が落ち込んでしまったようだ・・・
    『家守奇譚』など明治時代の紳士たちを主人公にした著者お得意の作品群に連なる物語。よくもこんな遠い時代の男性の内側に入り込んだような文章が自然に出てくるものだと感心する。まるでアリスの穴に落ち込んだ夏目漱石の冒険譚でも読むように、ユーモラスで奇妙だが心地のよい世界だ。精いっぱい威厳をたもとうとしながら、なすすべもなく奇妙なできごとに翻弄されてしまう主人公が情けなくも滑稽。だが亡き妻についての回想からすると、妻の心を思いやろうとしない独善的な冷たさをもった人物でもあるようだ。落下を続ける「私」は時間をさかのぼり、羊水の川で生まれなおして、自意識の底に押し込めてきた「千代」たちとの関係を生き直すことになる。
    儒学教育を通じて女性蔑視を叩きこまれ、洋装のように近代的合理主義をまとった明治の男である主人公は、大切な存在であるはずの女たちを切り捨てることによって、自分自身が生まれてきた世界とのつながりを失って、心にぽっかりとしたうろを抱え込んでしまっていたのだろう。『僕たちはどう生きるか』執筆の過程を通じて性暴力とマスキュリニティの問題について考えざるを得なかったであろう梨木さんが、明治以来無理を重ねてきた男たちに生き直しを優しく促している、そんなふうに見える物語だ。

  • 作者の梨木香歩さんは、本質的にファンタジー書きの作家なのだなあと、深々と納得した。
    植物園に務める佐田豊彦氏の心の旅が描かれており、心の旅という性格上、普通はつながるはずもないものがつながってしまう奇天烈な世界を歩きまわる話になるのだが、そこはさすがファンタジー作家、独自の論理でそれらがつながっていることを読者にわからせるのが上手い。

  • いつの間にか奇妙奇天烈な世界に迷い込んでしまった主人公。これは、夢か幻か。まるで『鳥獣戯画』のような不思議な出会いが過去を呼び起こし、絡まった記憶の糸は次第にほどけ始める。作品としては冒頭から取っつきにくく、「何これ? わけがわからない」と混乱しそうになる。それでも、前の晩に見た支離滅裂な夢を誰かに話して聞かせるときのように、心に浮かぶイメージに抗わないで読んでいくと、案外すっと物語に溶け込めた。私たちが眠っている間に見る夢は、究極のファンタジーなのかも。

  • とてもよい作品だった。植物園で働く主人公、佐田豊彦は、不思議な旅に出ることになる。理屈で説明できないことの連続に、最初は腹を立てることもあった豊彦だが、この一連の不思議な出来事が自分にとってどのような意味を持つかを理解してからは、少しずつ変わっていく。

    美しい自然の描写と、現実とファンタジーの上手い融合が梨木作品らしい。ストーリーの内容も、雰囲気も、とても気に入った一冊です。

  • 植物園で働く佐田豊彦は何年か前に妻を亡くし、一人で下宿先と職場を往復する日々を送っている。

    突然襲ってきた歯痛のために通うことになった歯医者。
    植物園から時折聞こえてくるという赤ん坊の泣き声。
    幼いころに下女として世話をしてもらった千代。
    亡くなったと思い込んでいた妻の千代。
    大事にしていたウェリントン・ブーツの行方。
    カエル小僧へ芽生えた思い。

    迷いこんでしまった巣穴での不思議な出来事。

    本当に不思議な話。。。
    最後まできっちり読まないと結末もなんだかよくわからない感じ。

    下女だった千代は突然姿をくらまし、妻は亡くなったと思っていたが
    実際は下女の千代は川に流され溺死したのを目の前で見ていたし
    その千代と同じ名前である妻は改名して今も一緒に暮らしている。

    現実にいる筈なのに空想と妄想のなかをさまよっている感じ。

    実に読むのに時間がかかった!!!!!)^o^(

  • 途中までは、ふわふわぼんやり摩訶不思議な夢の中の世界を当てもなく彷徨う気分で、「こんな歯医者ヤダな」「この主人公は他人に興味がない自己中なんだな」くらいの印象でしたが、終盤になるにつれて焦点が定まり全体像が解った途端のゾクゾク感とやるせない悲しみに襲われ、すごいもの読んだなぁと呆然。。。
    最後まで読みきることが肝心です。素晴らしいです。

  • たくさん本(小説)を積み重ねて、つまみ食いするみたいに、次々と読んでいく。
    そうやって読んでいく本の中で、梨木香歩の作品というのは、野菜とかあっさりスープみたいな位置づけなんだけど、その中にごろっと、「うん?」と首をかしげるものが入り込んでいて、面白い。

    日常→幻想の境目を跳び越えるのが、あまりにもあっさりしているもんで、ぼんやり読んでいるとたまに目を疑うような言葉に引っかかって、んんん~?と数行バックする。そういうことの繰り返しでした。

  • 月下香の匂ひ漂ふ一夜。歯が痛む植物園の園丁は、誘われるように椋の木の巣穴に落ちた。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、烏帽子を被った鯉、アイルランドの治水神と出会う。動植物と地理を豊かに描き、命の連なりをえがく会心の異界譚。「BOOK」データベースからの内容紹介。
     新聞での文庫紹介から、やっぱり図書館のネット予約で借りて読みました。読んだのは去年の10月のこと…そろそろ寒くなって来ていて、通勤の地下鉄で読むと…なんとなく周りがうす暗く感じてくる。不思議な穴に落ちた彼はどこへ?何を探しているの?
    彼の迷いこんだそこはどこ???とにかく、一語一句漏らさず読まないF植物園から出てこれなくなります。
     最後の章にたどりつくと安堵…楽しい読書タイムでした♪

  • なんとまぁ…やられました。

  • 梨木果歩さんといえば独特の世界観の話が多い。
    大抵水とか沼とか植物とか出てきて、専門的知識満載で、奇想天外な設定と展開なんだけど、何故か爽やかな話が多い。
    これはまさにどんぴしゃで余りにも訳が分からなくて途中でいい加減にしてくれ!と放り出したくなる話だったけど、最後は落ち着くべき処に落ち着くというか治まるというか、腑に落ちた。
    読了後2、3日経ってから妙にあの世界を懐かしく思う。
    まるで「不思議の国のアリス」のような不思議な話だった。

  • よもつひらさか、という言葉を思い出した。
    黄泉比良坂。イザナギが死んだ妻を追って入った「黄泉の国」の入り口。
     島 根 に 実 在 す る 。
    ↑こういうところが、日本って日本だよなあと思う。一泊二日で神話の世界。

    小説。後半は好きです。
    虫を解剖する描写には「ぎゃああああ」でしたが……でも芋虫→サナギ→蝶、の自意識のぶつ切れ?の表現の仕方が面白い。

    梨木香歩、『西の魔女が死んだ』『家守綺譚』は読みましたが、相変わらず掴みどころのない。夢日記とか書いてほしいな。夢判断など寄せ付けないほど深い夢を見てそう。

  • いつもの梨木香歩さんならではの不思議世界。
    どこまでが現実でどこからが幻想の世界なのかよくわからないまま、主人公はなぜか馴染んでいる。

    封印してきた過去が目の前に突きつけられ、これまで関わってきた何人もの重要な人物と再会し、今まで気にもしなかったことの意味に気づかされる。

    途中頭がこんがらがってしまうところもあったけれど、主人公がそういう不思議世界を旅しながら、人間として成長し、ハッピーエンドに収まったので、読後感はとてもよい。

  • 人であるものが人外のものに朧に滲んでいく、人外のものが人と成っていく…。
    夢なのか現なのか、心象風景か幼き頃の記憶か…。
    確かなものなどなにもなく、全てが欠片のごとく散らばって、下り坂、自分を形成しているものを解き放ち、残った欠片、散った欠片。再び自分を成す為に袋に自分の、欠片を詰め込む、千代の、千代の、千代の欠片、また坂を下る。

    植物や虫達の描写も、全てが滲んだ景色の中で美しい。げえろっぱ、と呟いて涙ぐむ。ああ、もう本当に目の前が滲むほど大好き。(でて来る植物の写真を巻末にまとめてくれたら!最高。)

  • いつから現実と乖離し始めたのだろう、と思っていたら。歯の痛み。抜歯のその深いうろ。覚めても覚めてもまだ夢を見ているような。中盤からぐいぐい引き込まれ、そしてやっと帰ってきた現実。途中でなんとなく坊の正体はわかったけど、それを現実に伝える相手がいて、よかったなぁと。読後感さわやか。

  • 男の人は皆さんいっぺんこの巣穴に落っこちた方がようございます。 楽しみました。

  • 梨木香歩さんの一風変わったファンタジー小説『f植物園の巣穴』。昭和初期らしい時代を舞台にした日本版アリス・インワンダーランドと言ったところか。主人公が巣穴に落ちるという事故を経て様々な不思議経験をすることとなり、ついには自分の過去の姿おも見かけるようになって行く。その不思議な経験を通じで自分のあるべき姿、自分の守るべきものというものに気付いたときに現実の世界に戻って行く事が出来、そこには新たな幸せの種が待っている事となる。こう書いてしまうと随分さっぱりとした読みやすい小説のようだが文体が美しいのだがちょっと昭和風というのか古風あので少し読みづらく、加えてファンタジー小説であるが故の話の若干の複雑さもあるので結構読み応えがある物語だった。
    そんな昭和風味のファンタジー小説を読むBGMに選んだのはMichael Breckerの"Nearness of you". 二曲だけ客演のJames taylorがジャズアルバムなのに不思議だけどいい。

全239件中 1 - 25件を表示

f植物園の巣穴を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

f植物園の巣穴を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

f植物園の巣穴の作品紹介

植物園の園丁は、椋の木の巣穴に落ちた。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、烏帽子を被った鯉、幼きころ漢籍を習った儒者、アイルランドの治水神…。動植物や地理を豊かにえがき、埋もれた記憶を掘り起こす会心の異界譚。

ツイートする